文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

魔法先生ネギま! 33

週刊少年マガジンに連載中の「魔法先生ネギま!」コミックス第33巻を読みました。
今回の限定版にはドラマCDが付いてます。
アリアドネー編、夕映のところらしい。
私が購入したのは通常版ですけど。

表紙は龍宮隊長とネギと、いかにもラスボスっぽい風体だけどラスボスではない何か。
見た目ではFF系のラスボスみたいですね。
全部で3形態ある中の、第2形態っぽい。
龍宮隊長の服装は、なんというか健康的エロスですね。
こんなに肌さらけ出すと防御力落ちそうなものですけど、どうなんでしょうね。
読者的には露出が多いほうが楽しいのは確かですけど。
あと、龍宮隊長のことは何故だか「龍宮隊長」って呼んじゃいます。
麻帆良祭で告白阻止してた時の印象が強いんですかね。

話はフェイト達の本拠に突入して、急にザジが現れたところから。
ザジに関しては、まぁ何かあるだろうとは思ってましたけど、まさかこんなところで登場するとは。
しかも語尾が「ポョ」。
まぁ結局ザジ・レイニーデイ本人ではなかったわけですが、ザジの人となりも少し明らかになりました。
作中で千雨も言ってましたが、ネギのクラスはバケモンだらけでしたね。
エヴァンジェリンをはじめ、明日菜、超鈴音、茶々丸、さよちゃん、そしてザジ、龍宮隊長。
これプラス分類的には普通の地球人の女の子たちですからね。
尋常じゃない。

なんだかんだありつつ、ネギには魔法世界を救うプランがあるという話。
フェイト達はそうかそうか、って引き下がるわけにはいかないので、結局戦う展開ですけど。
「ネギま」も戦闘力のインフレが凄まじいですね。
特にネギが。
どれくらい強いのかの基準は分からないですけど、今のネギなら魔法世界の国家くらいなら一人で落としそうな雰囲気です。
それと互角に戦う敵がいるのが、またすごいことですけど。
ネギ以外のメンバーの戦闘力も高いですね。
仮契約のおかげで、まき絵や裕奈も戦えるキャラになりました。
他にも役立つアーティファクトが色々。
記念すべき300時間目では、みんなに二つ名が付きました。
本格的に冒険者パーティーっぽくなってきましたね。
あと、「ここは私が守るからお前は先に行け」展開。
王道ですけどやっぱり良いものですね。
熱い雰囲気でネギはフェイトとの最終決戦に向かう、ってところで次巻に続く。


女の子の話。
今回目立ってたのはやはりザジ、龍宮隊長でしょうか。
戦闘になるとどうしてもネギが目立っちゃいますしね。
それぞれに良い働きはしてるんですけど、ネギの強さの前では霞んじゃう感じ。
くーふぇ、楓、刹那はさすがに戦闘力も高めで、他よりは少し戦えてる感じもしました。
まぁなんにせよ戦闘シーンが多くて、女の子の可愛いシーンは少なかった気がします。

今回の注目シーン。
魔法先生ネギま! 33
防御力向上のために強制的に「影の鎧」を着させる高音さん。
泣く泣く着用させられるメイ。
これは次巻での裸フラグですね。
これは楽しみだ。


こんな感じで、「魔法先生ネギま!」第33巻の感想でした。
いやぁ。次が待ち遠しい。
映画の公開も今夏に決定したようですので、そちらも。


魔法先生ネギま! 32
魔法先生ネギま! 31

魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)
(2011/02/17)
赤松 健

商品詳細を見る
CD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 33巻 (講談社キャラクターズA)CD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 33巻 (講談社キャラクターズA)
(2011/02)
赤松 健

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(1)|コミック【ま行】|2011-02-17_17:55|page top

空色スクエア。 4

まんがタイムきららフォワードで連載された「空色スクエア。」のコミックス第4巻を読みました。
最終巻です。
21年3月号から23年2月号までの連載でした。
ちょうど2年間ですね。

4巻の表紙は文香。
見返り美人ですね。
夜空と花火と見返り文香。
深雪と文香が順番に表紙を飾っていたので、4巻は文香。
4巻を読んでから見ると、最終巻は深雪が良かったんじゃないかと思わなくもないですね。
まぁ私は文香が好きなので満足ですけど。

3巻のラストで2年前までの記憶を取り戻した深雪。
それと同時に、ここ2年間の記憶を失ってしまいました。
記憶的には、2年前の事故直前に戻ったって感じでしょうか。
2年間分の記憶を失ったということは、ゆりあのことをすっかり忘れてしまったわけで。
こういう時に一番つらいのはきっとゆりあでしょうけど、深雪も結構大変な状況ですよね。
自分では覚えていないけど2年間生きてきたって言われて、一体どんな風に思ったんでしょうか。
ゆりあも辛いですけど、この場合はゆりあからアクションを起こすしかないんですよね。
大丈夫、ゆりあは強い子ですよ。

深雪の記憶が回復してからは、3人の関係性が一気に進みましたね。
いささか急じゃないかとも思いましたが、ずっと後回しにしてきたことですね。
端的に言えば、深雪と文香どっちを選ぶのかという問題。
まぁ記憶が失われてる間にする話ではないんでしょうけど。
最初に一歩踏み出したのは文香でした。
彼女が一番大人だったってことでしょうか。
文香には東京での仕事のこともありますしね。
いつまでもこのままではいられないことを誰よりも知っていたのかもしれません。

こういう時に一番辛いのは誰なんでしょうね。
私は修一目線で読んでしまうので、どうしても修一の辛さに目が行ってしまいます。
2人の内から1人を選ぶってことは、もう1人は選ばないってことですからね。
責任の重い選択ですよね。
決めることよりも、今の心地よい関係性を壊すことに躊躇ってしまう。
人間ってそんなものですよね。
でもまぁ壊さないと前に進めないわけで。
最初にその決意が出来たのが文香だったんですね。
修一が選んだのは深雪だったわけですが、そこで一歩進んだことでこの3人は前に進めるのでしょう。

3人の関係性は一歩進んで、文香はまた東京へと旅立って行きました。
個人的には文香が好きだったんですけどね。
序盤から深雪と並んでヒロインでしたが、修一が深雪を特別に想ってる様子は伝わってましたからね。
そういう文香の報われなさというか、そういうところに惹かれたのかもしれません。
とかもっともらしいことを言ってみる。
まぁ単純に文香の方が可愛く見えたから好きだったんですよ。
多分ね。
空色スクエア。 4 文香
踏ん切りが付いてすっきりした表情の文香。
うん、やっぱり可愛いね。
最高だね。


ということで、「空色スクエア。」第4巻の感想でした。

双先生、連載お疲れさまでした。
双先生の次回作に期待。


空色スクエア。 3


空色スクエア。 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)空色スクエア。 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/02/12)


商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【さ行】|2011-02-13_14:32|page top

夢喰いメリー 6

まんがタイムきららフォワードで連載中の「夢喰いメリー」の第6巻を読みました。
5巻の発売は2010年12月でしたので、2か月しか間隔が空いていないことになりますね。
アニメが放送してる最中に出したかったってことでしょうか。

表紙はいつも通りに綺麗なお腹のメリーさん。
いやぁ、いつ見ても良いお腹だ。
右手には5巻で登場した鍵。
この鍵は表紙には初登場ですね。
持ち手の方にはちょっと凝ったような、そうでもないような意匠があった気がするけど、ここでは見えず。


今回は新キャラの顔見せと前回出た夢の話続き、最後にちょっと光凪さんちの由衣ちゃんの話。
新キャラは、エルクレスに脅迫されてしぶしぶ服従してるっぽいクリオネさん。
夢喰いメリー 6 クリオネ
ずいぶんと病んだ表情をしていらっしゃいますね。
何か嫌な事でもあったんでしょうか。
そしてお胸がぺったんこ。
おっぱいサイズはメリーと良い勝負ですね。
クリオネの方が少し大人っぽい気がしますけど。
そもそも夢魔に年齢とか老化とかってあんまり関係なさそう。

みんなが見てた同じ悪夢の話。
勇魚を"器"にしようと画策する夢魔の仕業でした。
勇魚の体を狙うとは、夢魔もなかなか良い目をしていますね。
まぁ結局夢魔の話ってよりは、勇魚の話だったのかなって感じ。
結構あっけなくやられていきましたね。
勇魚はやっぱり可愛いなぁ。
物語自体は、進展したようなしてないような。
新たな事実が出たっぽいけど、それがこれからどんな風に関係していくのかは分からない。
ファンタジーって大抵こういうもんだよね。
あと、そういえば男がちょっとだけ活躍してたね。
でもまぁ私は男には興味が無いのだよ。

由衣の話は過去話っぽいですね。
エンギと由衣が出会った時の話。
その時にも何か夢にまつわる事件が起こってて、そこで次巻に続く。
6巻は勇魚の巻って印象でしたが、7巻は由衣の巻になるんでしょうかね。
由衣も可愛いから良いけど。

今回も勇魚はパーフェクトに可愛いです。
素晴らしい。
メリーと比べるから、尚更勇魚の女の子っぽい可愛いところが強調されるんでしょうかね。
メリーはあの通りやんちゃですし。
驚いてても泣いてても、勿論笑ってても可愛い。
そして、今巻のベストショット。
勇魚のお腹チラリ。
夢喰いメリー 6 勇魚 お腹チラ
メリーのぺったんこでつるつるなお腹も良いけど、勇魚も素晴らしいね。
このぷにぷにしそうな感じなんともたまらないです。
勇魚の可愛いもっともっとたくさんありましたけど、それは各自自分で探しましょう。


こんな感じで、夢喰いメリーの大6巻でした。
勇魚が目立ってて可愛い巻でした。
いつも通りだね。
次はとりあえず由衣関連の話になりそうです。
私としては、可愛い可愛い勇魚が見られればそれで良い。


夢喰いメリー 5

夢喰いメリー (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)夢喰いメリー (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/02/12)
牛木 義隆

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【や行】|2011-02-12_15:24|page top

はるみねーしょん 2

まんがタイムきららCaratに連載中の「はるみねーしょん」のコミックス第2巻を読みました。
「ねんどろいどぷち」のはるみが付属する限定版も同時発売されています。
私は限定版を買ってきました。
限定版の表紙は、はるみと牛久大仏。
通常版の表紙は、はるみと自由の女神。

中身は、まぁ相変わらずですね。
大沖氏独特の空気感とテンポ。
基本的には、はるみの聞き間違い・勘違いネタですね。
かじゅちゃんが、はるみのボケに対して多少きびしくなってる気がしました。
1巻で、あんまり甘やかすなって言われてましたしね。
気になったのはそれくらいかな。

1巻では、はるみの造形の変遷が見てとれましたが、さすがにもう安定してますね。
しかし、このキャラデザは驚くほど「ねんぷち」に向いてますね。
デフォルメする必要すらない。
「ねんぷち」でここまで再現度が高いものも珍しいのではないでしょうか。
はるみねーしょん 2 ねんぷちはるみ
\すげえ/


はるみねーしょん (2) 限定版 (まんがタイムKRコミックス)はるみねーしょん (2) 限定版 (まんがタイムKRコミックス)
(2010/12/25)
大沖

商品詳細を見る
はるみねーしょん (2) (まんがタイムKRコミックス)はるみねーしょん (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/12/25)
大沖

商品詳細を見る



comments(0)|trackback(0)|コミック【は行】|2010-12-26_01:14|page top

ほしのこ! 1

ガンガンONLINEにて連載中の「ほしのこ!」のコミックス第1巻を読みました。
著者はmatoba
ピンクでキラキラした表紙ですね。
私はガンガンONLINEで読んでいたわけではなく、書店でコミックスを見かけて買ったのですが、どうしてこれを選んだのか分かりません。
絵も少女マンガっぽい?
私は少女マンガ読まないので分からないですけど。
まぁでも買ってよかったです。
こんなキラキラした絵で、やってることは普通のラブコメでした。
しかも、結構コメディ要素が多い。
面白かったです。


あらすじ。
悩める高校生、秋彦の前にある日一人の少女が降ってくる。
少女の名は「かなえ」。
彼女は秋彦の願いをかなえるためにやってきた、叶え星だという…。
秋彦、かなえ、そして秋彦の片思い相手上原駒子。
その他秋彦の友人など、諸々巻き込んでのラブコメです。
女の子は今のところ、かなえも含め4人出てきました。
ただ4人と秋彦との位置関係は、まだちょっとはっきりしていないですね。
というか、秋彦が駒子を好きな事ははっきりしているので、これからどうやって話を続けていくのか。
実は駒子も秋彦に気があるようなので、他のキャラとの絡み方が気になるところです。

かなえは、天真爛漫というか、傍若無人というか。
テンションの高いおバカキャラな印象。
たまにまともなことも言ってますけど。
基本的にはボケ続けているように見えますね。
故意なのか天然なのか、まぁ半々ってところでしょうか。
願いをかなえるために不思議な力が使えますが、いつもそれが空回りしてますね。
本人に悪気はないんでしょうけど。
見た目は小さくて可愛い女の子なんですけどね。
表紙を見て分かる通りに。
テンション的には、苺ましまろの美羽とか、ゆるゆりの京子に近い感じ。
やること全てツッコミ待ち。

多分メインヒロインの駒子は、テニス部でEカップ。
ふわふわした感じの可愛らしい女の子です。
女の子はみんな柔らかい雰囲気で、すごい可愛い。
私がこういう絵のタッチに慣れていないからかもしれませんが、みんな本当に可愛い。
毎話最初にカラーページが入るんですけど、カラーだと尚更可愛い。


女の子は可愛くて、ギャグも多くて楽しい作品でした。
秋彦の友人たちとの話も結構な割合を占めていたので、女性も楽しいかもです。
ラブコメにしては、男性陣の出番が多い気がしました。
まだ1巻ですし、これからどんな風になっていくのかは分かりませんが。
次が待ち遠しいね。


ほしのこ! 1 (ガンガンコミックスONLINE)ほしのこ! 1 (ガンガンコミックスONLINE)
(2010/12/22)
matoba

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【は行】|2010-12-24_23:56|page top

ヨスガノソラ 2

コンプエースに連載されていた「ヨスガノソラ」のコミックス第2巻を読みました。
Shere原作の美少女ゲーム『ヨスガノソラ』のコミカライズ版です。
著者は水風天。
第2巻にして完結です。
エロゲ原作のコミカライズって、大抵2、3巻くらいで終わりますよね。

2巻の表紙は、照れたような笑顔の穹。
1巻では穹と瑛でした。
やっぱり穹が人気なんですね。

コミカライズ版は、基本的に穹ルートでした。
1巻の途中で、瑛と一葉のエピソードも入りましたけど、2巻は完全に穹中心です。
実妹ルート。
まぁ可愛いからよし。


ストーリーは、まぁ特に語るべきこともないか。
穹がデレたり、怒ったり、一線を越えちゃったり、その後ゴタゴタしてみたり。
結局は前向きな形で、ハッピーエンド。
実妹ルートにおける一番の敵は、モラルってやつですね。
穹以外でも、ヨスガノソラのヒロインは、みんな家庭環境になにかしら問題を抱えていましたね。
瑛と一葉だったり。
あるいは奈緒だったり。
コミカライズ版では、空がピックアップされる形になりましたが、他のキャラの話もじっくり見てみたいですね。
ゲーム買っちゃおうか。

アニメでは凄いことになってたエロ描写ですが、コミックでは直接的な描写はありませんでした。
連載誌の都合でしょうけど。
まぁ、直接裸は描けなくても、話が分かるようにはなってました。
多少前知識があったから、分かりやすかったのかもしれませんが。
下着が見えることすら、ほとんど無かったですね。
1巻で、穹が制服の採寸のために下着姿になっていたのが唯一じゃないでしょうか。
2巻の巻頭では、カラーで水着回でしたが、穹の水着って下着っぽいですよね。
正直穹に限っては、下着より水着の方がエロい気がする。

コミカライズ版に登場したヒロインは全部で6人。
穹、瑛、一葉、奈緒、梢、やひろ。
そのうち、やひろは2巻には登場しませんでした。
穹の次に出番が多かったのは瑛でしょうか。
まぁ誰にしろ、出番の数は穹の足元にも及ばないですけど。


とにかく穹が可愛い。
それだけでも購入する価値のある作品であると思います。
全2巻しかないですしね。
女の子はみんな驚くほど可愛いです。
原作絵も好きですけど、私はコミカライズ版の絵の方が好きかもしれないです。
どのキャラも、笑ってても泣いてても怒ってても可愛い。
一番可愛い場面を選べないくらい。
穹メインで物語が進んでいるのに、他のヒロインもかなり魅力的。
でもやっぱり一番は穹かなぁ。
ヨスガノソラ 2 穹
奈緒に対してだけ、異様な敵愾心を見せる穹。
まじこわい。
しかし、可愛い。


ヨスガノソラ 1

ヨスガノソラ (2) (角川コミックス・エース 282-2)ヨスガノソラ (2) (角川コミックス・エース 282-2)
(2010/12/25)
水風 天

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【や行】|2010-12-24_23:08|page top

のんのんびより 2

コミックアライブにて連載中の「のんのんびより」のコミックス第2巻を読みました。
著者はあっと。
1巻の発売が2010年3月なので、半年ぶりの新刊になりますね。
1巻の表紙は春っぽかったですけど、今回は夏。
縁側でスイカ。
のんのんびよりの表紙カバーは、手触りが少し特殊ですね。
ちょっとガサガサした感じ。


話は、相変わらずのド田舎コメディ。
メインの女の子4人と、その周りの人たちの田舎生活。
1巻のラストで夏休みに入ったので、2巻の内容は夏休み編。
学校があろうとなかろうと、やってることはあんまり変わらないんですけどね。
みんなで海に行ったり、肝試ししたり。
でもこの作品では、こういういかにもなイベントが無い回の方が良いですね。
無い方が田舎っぽさが出てる気がします。

今気付いたことですけど、背景の書き込み具合がすごい気がします。
建物とか、植物とか。
表紙だけだと少し分かりにくいですけど。

田舎生活って多少羨ましかったりはしますね。
人も時間もゆったりしているイメージ。
こういうのは、旅行とか、里帰りで時々触れるからこそ良いものなんでしょうかね。

作中ではお盆も過ぎましたし、3巻では2学期が始まりそうです。
またあの生徒5人+担任1人の学校生活が再開されるんですね。

なんだか大した感想も書けないんですけど、結構好きな作品だったりします。
次が出るのも楽しみ。


のんのんびより 1

のんのんびより 2 (MFコミックス アライブシリーズ)のんのんびより 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/12/22)
あっと

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【な行】|2010-12-23_22:21|page top

ばのてん! 2

月刊少年ガンガンに連載中の「ばのてん!」のコミックス第2巻を読みました。
1巻の発売から、もう半年も経ってるんですね。
同じメンツの夏休み編である「ばのてん! SUMMER DAYS」が先月出てたので、あんまり間が空いた感じはしませんね。
ノリは、1巻ともサマーデイズとも大体同じ感じ。
作品を分ける必要性があるのかどうか分からないくらいです。
学校内と外っていうくらいしか差異がないですね。

2巻は、文化祭関連の話が半分くらいを占めてました。
生徒会マンガと言えば、学校行事として文化祭は外せないですよね。
まぁ蓮寺以外は、生徒会の仕事はほとんどしていないように見えましたけど。
サマーデイズで出てた眠花の妹・吹花は、文化祭に訪れるって形で、こちらにも出演してました。
良かったね。
今回は、他にも新キャラが登場。
ひとりでラブコメっぽいことしてる女の子です。
基本的には、千夏、蓮寺、眠花の3人がメインなのは変わらないです。

今回も、千夏は驚きのウザさでした。
まぁ、面白いウザさですけど。
文化祭の出し物のお化け屋敷を怖がってるのは、ちょっと可愛かったかなぁ。
可愛いというか、意外か。

眠花は基本寝てました。
ちゃんと活動もしてるし、起きてる場面も多いんですけど、寝っぱなしだった印象を持っちゃいますね。
これもひとえに、眠花の寝顔の可愛さ、健やかさのおかげに違いないです。
起きてる時は、結構泣いてました。
主に千夏のせい。
そして、おっぱい。
眠花と言えば、寝顔とおっぱい。
巻末オマケマンガの情報によると、バスト91センチらしいです。
すごくふかふかそう。
素晴らしいね。

吹花はやっぱり可愛いです。
一話だけしか出演してないですけど、それでも存在感がありますね。
そういえば、この子もラブコメってたな。
まぁ基本がギャグ作品なので、ラブコメな要素ってほとんどないですけど。

そして、新キャラ。
生徒会会計の福井会真(えま)。
生徒会室には来てないですけど、福井の他にも生徒会役員は何人かいるみたいです。
「~ですの」とか丁寧口調キャラ。
蓮寺に惚れちゃってます。
なんて羨ましい。
千夏や眠花と比べれば、一番年頃の女の子っぽいですね。
吹花となら、いい勝負でしょうか。
文化祭が終わっちゃうと、なかなか会真と吹花が鉢合わせになることなんてないでしょうけど。
やっぱりメインはラブコメじゃなくて、ギャグですよ。
ラブコメっぽいってだけで、会真も結局はギャグキャラに落ち着いちゃいそうですし。
まぁそれはそれでいいけど。
一生懸命だけどなかなか上手くいかない、不憫キャラでした。


そんな感じで、「ばのてん!」第2巻の感想でした。
お腹抱えて笑うほど面白いってわけじゃないんですけど、何故か何度も読んじゃう作品です。
雰囲気が好きなのかな。
ギャグのセンスも好きですし。
千夏のウザさが嫌いじゃなければ、楽しめると思います。
とりあえず、眠花・吹花姉妹がすごく可愛い。


ばのてん! 1
ばのてん! SUMMER DAYS 1


ばのてん! 2 (ガンガンコミックス)ばのてん! 2 (ガンガンコミックス)
(2010/12/22)
河添 太一

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【は行】|2010-12-22_22:58|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。