文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ハイドラの告白

柴村仁著『プシュケの涙』の続編です。
前作は終わりこそ爽やかな感じでしたが結構な鬱展開だったので、ビクビクしながら読みましたが本作はそんなこともなかったです。
というか結論から言いますと、次作に続くための本作といった感じでしょうか。
4月に続編『セイジャの式日』が発売されますが、それと合わせて読む作品な気がします。
続きを意識させない作りだった前作の方が、1冊の小説としての存在感がありました。
前作執筆時には続きの予定がなかっただけかもしれませんが。

本作も前作と同様に二部構成になっていて、それぞれ異なる人物の一人称で話が展開されます。
前半部は美大生の春川という男性目線での話です。
裏表紙からあらすじを引用すると、

美大生の春川は、気鋭のアーティスト・布施正道を追って、寂れた海辺の町を訪れた。
しかし、そこにいたのは同じ美大に通う“噂の”由良だった。
彼もまた布施正道に会いに来たというが……。


という感じで、前作で登場した由良が出てきます。
というより、シリーズの主人公が由良なんですね。
そしてこの布施正道という男も前作に登場したあの男っぽいです。
まさかまた出てくるとは思いませんでしたが、それにしても驚きの一面が。

本作は、前作『プシュケの涙』から3年後が舞台となっています。
前作の事件があったからか、由良の性格に違和感がありました。
こんな性格だったっけ、って思いながら読んでいましたが、前半部のエピローグ的な部分で納得。

なんか雨のイメージが強い印象を受けました。
表紙のイラストでも雨が降ってますが、全体的に陰鬱な気配がありますね。
私は小説に入り込んで読んじゃうタイプなので、テンション真っ逆さまに落ちていきました。

そして後半部は、由良兄弟の従姉妹の女の子の視点での物語です。
この女の子「A」は由良双子の兄・由良宛に恋をしています。
しかし、宛は誰のことも好きにならないような人物で、自身を見てほしいAが色々悩んだりしてます。
宛が唯一執着する相手である弟・由良彼方に嫉妬してみたり。

このAの「宛を手に入れて見せるぜ」的な決意で本作は終わります。
決意というよりは、執念というか怨念というか、なんか禍々しいオーラが見え隠れしてますが。

オビには「恋がしたくなる」みたいなことが書いてありますが、私はあんまり思わないかなぁ。
前作も確かこんな感じのことが書いてありましたね。

恋愛が一つのテーマになっている小説を読むといつも思うのですが、世間の皆さんはみんなこんなに大変な恋をしているんですかね。
一人の異性がどうしようもなく好きになるという気持ちがいまひとつ理解できないんですよね。
こういうの私だけですかね。
綺麗な女性や構ってくれる女性はみんな好き、それ以上でもそれ以下でもないみたいな。
だから恋愛メインの本を読んでも、共感できたためしがないです。

まぁこんな話を誰かにしたこともないので、もしかしたらこれが普通なのかもしれませんが。
でもそうすると世の中の創作物はなんなんだって感じですね。
すべてが夢物語になっちゃいます。
恋愛小説は羨むために存在する、ってわけじゃないんでしょうね、きっと。
世界のどこかには、小説のように一生懸命恋をしてる人もいるんでしょう。
私には縁がなさそうですが。

関係ない話になっちゃいましたが、『ハイドラの告白』の感想でした。
4月刊行の『セイジャの式日』と一緒に読むといいのかなぁ、と思います。
刊行されたら、『プシュケの涙』からもう一度読み直すことにしましょう。


プシュケの涙
セイジャの式日

ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)ハイドラの告白 (メディアワークス文庫)
(2010/03)
柴村 仁

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(1)|小説・ライトノベル【は行】|2010-04-01_05:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「俺は、平気なフリなんかしていない」 ハイドラの告白 柴村仁
切ない想いの残り火に魂を焦がす、不器用な恋物語。心に傷を残す物語「プシュケの涙」の続編、「ハイドラの告白」の感想です。 1作目「プ...

コメントの投稿

非公開コメント

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。