文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

プシュケの涙

2009年1月に電撃文庫から刊行された『プシュケの涙』ですが、メディアワークス文庫から再刊行されました。
たった1年余りで、しかも有川浩氏の推薦付きで再刊行されたということは、相当評価が高かったということでしょうか。
電撃文庫版からは細かい言葉の修正はされていますが、内容は同じだということです。
今ネットで調べてみて初めて知ったのですが、著者の柴村仁さんは『我が家のお稲荷さま。』を書いている方なんですね。
私は原作小説は未読ですが、アニメは観ました。

さて本作ですが、読みながら何度かへこみました。
全体は二部構成になっていて、裏表紙やamazonでも読めるあらすじは前半部分のものでした。
読み始めてしばらくは、よくあるストーリーだと思っていました。
・あまりやる気のない主人公と、急に主人公の前に現れた行動的な変人が女子生徒の自殺の真相を追う。
・主人公にはかわいい幼馴染の女の子がいる。
いかにもだと思いつつも読み進めていくと、途中から雲行きが怪しくなっていきます。
結論だけ言うと、主人公だと思っていた少年は主人公ではありませんでした。
徐々に真相は見えてくるのですが最後にはすごくやるせない思いになりました。

というのが前半部で、後半は亡くなった女の子の話です。
家庭に問題を抱えており、学校生活もうまくいかない。
しかし、スケッチ中に出会った奇妙な人物との触れ合いから世界が変わっていく。

結果としてはその少女が亡くなるわけで、後半を読むとやるせなさが一層増します。
有川浩氏は帯に「世界が優しくないことをこれほど軽やかに語られたらいっそ心地いい」と書いています。
この「世界が優しくない」ということは、誰が読んでも感じられることだと思います。
しかし、事件の内容が語られるのは前半部のみであり、後半は少女が前を向いていく過程を描いています。
このことが読後の爽やかさにつながっているのでしょうか。
こんなに楽しそうな女の子が…、と思うと確かにつらさは増しますが、前向きで美しい少女の決意で物語が終わることでいい気分で読み終えることができました。
前述の有川氏の言葉が本当にその通りであると思います。

「世界が優しくないこと」を語る小説はこれまでもたくさんあっただろうと思います。
そのテーマを爽やかに、軽やかに語るという点で本書は革新的であるのではないでしょうか。
続編も刊行されるようなので、次はどんなものをどんな風に見せてもらえるのか楽しみです。


あとこれは余談ですが、本作は電撃文庫からメディアワークス文庫へと移されて再刊行されました。
メディアワークス文庫って、ライトノベルを読んで大人になった人に向けたレーベルじゃなかったでしたっけ。
ラノベで出したものをそのまま持ってくるのは本末転倒じゃないのかな、と思ったりしました。
文章だけ見れば以前読んだ『探偵・花咲太郎は閃かない』の方がよっぽどラノベ的ではありましたし、どこからがラノベなのかということも常々思っていることなので、私としては気にしてないんですけどね。
多分私は今回の再刊行がなければ本書を手に取ることはなかっただろうと思うので、出してくれたことに感謝しています。


ハイドラの告白
セイジャの式日

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)プシュケの涙 (メディアワークス文庫)
(2010/02/25)
柴村 仁

商品詳細を見る

スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-03-02_00:07|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。