文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で―

桜庭一樹著『GOSICK』の角川文庫版3冊目です。

1巻が出たころに書店で見かけて購入。
読みながらラノベっぽいなぁって思ってたらラノベでした。
同著者の本は何冊か読みましたが、ラノベっぽい文章というか話を書いているイメージがあります。
ちなみに初めて読んだのは『推定少女』だったと思います。
まぁどこからがラノベなのかっていう境界線は非常に曖昧だと思うので、完全に個人的見解ですけど。

『GOSICK』の角川文庫版1巻は2009年9月に発売されました。
それから2ヵ月に1冊のペースで刊行されています。

武田日向氏のイラスト付きでも読んでみたいのですが、イラスト以外は同じですからね。
さすがに何冊も同じものを買うのはきついです、金銭的に。
それでも表紙だけはネットでチェックできるので、イメージはつかみやすいですね。
絵を見てから読みなおせば、キャラクターが脳内でよく動いてくれます。

さて、今回の話はと言いますと、
首都へと買い物に出かけた一弥が怪事件に遭遇し、学園にいるヴィクトリカに電話で助けを求めるというものです。
ヴィクトリカは風邪を引いているんですが、その理由がかわいらしいというかほほえましいというか。
ヴィクトリカが巻を増すごとにかわいくなってますね。

そして、ブロワ家にまつわる伏線がちょいちょい出てきてますね。
前巻でも伏線はありましたが、まだスケールが大きすぎてつかめない感じですね。

先は気になりますがちゃんと角川文庫版を待って読みたいと思っています。

GOSICKIII  ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で― (角川文庫)
(2010/01/23)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


推定少女 (角川文庫)推定少女 (角川文庫)
(2008/10/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【か行】|2010-01-24_21:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。