文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

To LOVEる -とらぶる- ダークネス

ジャンプスクエアに連載中の『To LOVEる ダークネス』のコミックス第1巻を読みました。
週刊少年ジャンプに連載されていた『To LOVEる』の続編になります。
脚本は長谷見沙貴。
漫画は我らが矢吹健太朗大先生。
まぁ前作通りですね。

誰もが知ってるエロラブコメですよね。
私は前期と言いましょうか、第1期の『To LOVEる』を、途中までしか読んでいないんですよね。
8巻位だったかな。
『ダークネス』は、多分前シリーズの終わりからそのまま続く感じで始まっています。
アニメ第2期の最終話は、原作通りだったようで、私も見覚えのあるシーンが出てました。
ということで、少年ジャンプに連載されていた『To LOVEる』を未読でも楽しめると思います。
軽くキャラクターの説明などもありましたし。

1巻の表紙は金色の闇とモモ。
『ダークネス』において重要なポジションに居る2人です。
表紙ではまだパンツは見えないんですね。
本編内ではパンツどころではありませんでしたけど。

『To LOVEる』は完全にコメディ路線でしたが、『ダークネス』はそうでもない感じですね。
まぁコメディ部分も多いですが、シリーズを通してのストーリーがあるみたいです。
『To LOVEる』は基本的に一話完結型でしたから、その辺が変わってます。

これからどうなるのかは分かりませんが、今のところモモがメインキャラになっています。
ララやモモ自身を含め、リト周辺の女性たちでハーレムをつくるのがモモの目的。
その目的を果たす為に、モモが暗躍してます。
主にエロ方面で。

また、ヤミも結構扱いが大きいです。
ヤミを以前の冷徹な殺し屋に戻そうとする動きがあり、それをもくろむ組織っぽいのが出てます。
まぁそのエージェントも可愛い女の子なんですけどね。
エロ要因が増えたと考えれば良いかもしれません。

『To LOVEる』時代からエロ表現には力が入ってましたが、『ダークネス』になってさらにパワーアップした感があります。
これが矢吹大先生の力か。
とりあえず女の子は全員エロハプニング要因ですね。
ヤミもモモも蜜柑もララも。
そして新キャラのメアも。

個人的には、とにかくモモが可愛い。
素晴らしい。
変換 ~img048
この顔ですよ。
いや、素晴らしい。

いやまぁ他も可愛い女の子ばっかりなんですけどね。
でもやっぱり一番はモモだなぁ、うん。


という感じで、『To LOVEる ダークネス』第1巻の感想でした。
なんか『ぱ~ふぇくとらぶる』とかいう本も出てましたね。
一緒に買ってくれば良かったかなぁ。

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2011-03-05_16:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。