文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

@HOME 我が家の姉は暴君です。

藤原祐氏のライトノベル『@HOME 我が家の姉は暴君です。』を読みました。
電撃文庫の新シリーズのひとつです。
シリーズ名としては「@HOME」になるのかな。
それでサブタイが変わっていく感じだと思います。
著者の名前に見覚えがあると思ったら、『煉獄姫』の著者の方でした。
イラストは山根真人氏。

あらすじは、

とある事情から親類の『倉須家』に引き取られることとなった僕。
だけどそこは、血の繋がらない六人のきょうだい達が住むという妙な家だった。
諧謔的な長男、おっとり&投げやりな長女、暴君の次女、スキンシップ過剰な三女、男か女かわからない三男、カメラを手放さない四女―どうにも癖のある彼らの許で、僕は七人目のきょうだいとなる。
ともあれ倉須賀次男としての新しい生活はどうにか順調だ。
…次女のリリィが何故かやたらと僕にキツく当ってくる以外は。

とのことです。
天涯孤独になりかけた少年が、葬儀の後突然現れた『倉須家』に迎え入れられ、そこに暮らす血のつながらない兄弟姉妹たちとなんとかやっていくお話です。
家族ものです。
あったかい感じ。
兄弟姉妹愛はありますけど、恋愛要素はないですね。
家族なんだしそれが当たり前なんですけど、ラノベとかに慣れちゃうとね。

主人公の男子高校生・響は、ラノベ主人公らしい性格でした。
ツッコミスキルを持ってることは、ラノベで主人公になるための必須スキルなんでしょうか。
あと巻き込まれ体質。
まぁ男の話はどうだっていいんだよ。
大事なのは女の子ですよ。

本シリーズは響以外に6人いる兄弟姉妹たちに順番にスポットが当たる形になるみたいです。
今回は一家の中では次女、響の一つ年上の姉、リリィの話。
目つきがきつくて態度がきつくて、ついでに生徒会長なお姉さんです。
姉って良いよね。
家庭環境はかなり複雑ですが、だからこそこんなに良いお姉さんなんだろうなぁって感じです。
まぁこのお姉さんの上にも、まだお姉さんいますけど。

その他のきょうだいたちの紹介は、また続刊が出た時に。
個人的には年下3人が好きです。
まだリリィ以外はそんなに描かれてないので、「今のところ」ですけど。

家族って良いよね、みたいな作品でした。
こんな雰囲気の作品を、以前にも読んだことがあるはずなんだけど、どれだったか思い出せない。
男主人公で、可愛い女の子も複数いる作品ですけど、恋愛じゃないっていうのが良いですよね。
いつもラノベを読むのとは違う視点で読める気がします。
私は好きです。
続きも楽しみ。
ついでに『煉獄姫』の続きも楽しみ。

煉獄姫

@HOME 我が家の姉は暴君です。 (電撃文庫)@HOME 我が家の姉は暴君です。 (電撃文庫)
(2010/11/10)
藤原 祐

商品詳細を見る


スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【あ行】|2010-11-13_23:41|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。