文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

11月6日の雑記

野球すごい試合ですね。
これ書いてる段階では、試合時間5時間超でまだ試合中。
あんまり長い試合になると選手よりも観客の皆さんのほうが大変そうな気がします。
個人的にはアニメの放送時間にも関係ないので特にどうでもいいですけど。
正直スポーツにはそんなに興味ないんですよね。
マンガとかでもスポーツものはあんまり得意じゃないです。
なんか久しぶりに野球を観ると、パワプロがしたくなる。
感想としてはそんなもんです。



まぁいつも通りアニメの話。
「おとめ妖怪ざくろ」の第5話を観ました。
今回は双子と丸竜がメインの話。
うーん、やっぱり人間いらないですよね。
回を重ねるごとにそんな思いが強くなります。
まぁ前回は妖怪との戦闘って感じじゃなかったので、また別ですけど。
しかも、今回も戦闘の大事なところはざくろまかせでしたね。
結局妖怪との戦闘で頼りになるのはざくろ一人なんでしょうか。
戦うことが全てではないんでしょうが、それでもやはり悲しいかな。
今回はざくろはじめ、半妖の4人が洋装になりました。
ドレス姿、可愛かったですね。
やはり見た目が一番可愛いのはざくろかなぁと思います。
ざくろが雪洞だか鬼灯だかの怪我に対して過剰とも思える反応をしてたように感じましたが、それにもなにか理由があるんでしょうか。
それとも私が人が傷つく物語に慣れ過ぎて、そういうものに対する感覚が鈍っているのか。
まぁなんにせよ、なかなか面白い作品ですね。
今期はざくろも合わせ、楽しい作品が多くて嬉しい限りです。


本の話。
『"菜々子さん"の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕』を読みました。
私、こういう恐ろしい女の子好きです、大好きです。
他人を駒と思ってるようなキャラって良いですよね。
恰好良い。
そういう怖い人でありつつも、ちょっと抜けた所があるのがまた良いですね。
怖いけど可愛い、コワカワ。
キャラデザも可愛い。
話し方とかは"文学少女"の遠子先輩にちょっと似てるイメージ。
ストーリーも面白かったです。
過去の事件を振り返るかたちの展開っていうのはちょいちょいありますけど、その中でも特異な作品でした。
様々な事件、メインとなる事件の話は素晴らしいってほどでもない気がしますが、全体的なストーリーが良いです。
話が明らかになるにつれて、どんどん怖くなる菜々子さんの存在。
ドキドキしながらも一気に読めました。
この作品の続編を先に買っちゃってたんですよね。
続編も明日には読みたい。
“菜々子さん”の戯曲  Nの悲劇と縛られた僕 (角川スニーカー文庫)“菜々子さん”の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕 (角川スニーカー文庫)
(2010/07/31)
高木 敦史

商品詳細を見る




お、野球終わった。

スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|雑記|2010-11-06_23:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。