文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

02 | 2011/03 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

To LOVEる -とらぶる- ダークネス

ジャンプスクエアに連載中の『To LOVEる ダークネス』のコミックス第1巻を読みました。
週刊少年ジャンプに連載されていた『To LOVEる』の続編になります。
脚本は長谷見沙貴。
漫画は我らが矢吹健太朗大先生。
まぁ前作通りですね。

誰もが知ってるエロラブコメですよね。
私は前期と言いましょうか、第1期の『To LOVEる』を、途中までしか読んでいないんですよね。
8巻位だったかな。
『ダークネス』は、多分前シリーズの終わりからそのまま続く感じで始まっています。
アニメ第2期の最終話は、原作通りだったようで、私も見覚えのあるシーンが出てました。
ということで、少年ジャンプに連載されていた『To LOVEる』を未読でも楽しめると思います。
軽くキャラクターの説明などもありましたし。

1巻の表紙は金色の闇とモモ。
『ダークネス』において重要なポジションに居る2人です。
表紙ではまだパンツは見えないんですね。
本編内ではパンツどころではありませんでしたけど。

『To LOVEる』は完全にコメディ路線でしたが、『ダークネス』はそうでもない感じですね。
まぁコメディ部分も多いですが、シリーズを通してのストーリーがあるみたいです。
『To LOVEる』は基本的に一話完結型でしたから、その辺が変わってます。

これからどうなるのかは分かりませんが、今のところモモがメインキャラになっています。
ララやモモ自身を含め、リト周辺の女性たちでハーレムをつくるのがモモの目的。
その目的を果たす為に、モモが暗躍してます。
主にエロ方面で。

また、ヤミも結構扱いが大きいです。
ヤミを以前の冷徹な殺し屋に戻そうとする動きがあり、それをもくろむ組織っぽいのが出てます。
まぁそのエージェントも可愛い女の子なんですけどね。
エロ要因が増えたと考えれば良いかもしれません。

『To LOVEる』時代からエロ表現には力が入ってましたが、『ダークネス』になってさらにパワーアップした感があります。
これが矢吹大先生の力か。
とりあえず女の子は全員エロハプニング要因ですね。
ヤミもモモも蜜柑もララも。
そして新キャラのメアも。

個人的には、とにかくモモが可愛い。
素晴らしい。
変換 ~img048
この顔ですよ。
いや、素晴らしい。

いやまぁ他も可愛い女の子ばっかりなんですけどね。
でもやっぱり一番はモモだなぁ、うん。


という感じで、『To LOVEる ダークネス』第1巻の感想でした。
なんか『ぱ~ふぇくとらぶる』とかいう本も出てましたね。
一緒に買ってくれば良かったかなぁ。

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2011-03-05_16:47|page top

ツクツク図書館

紺野キリフキ氏の小説『ツクツク図書館』を読みました。
単行本の発売は2008年。
2010年8月に、内容の大幅な加筆修正がなされ、文庫化されました。
私が氏の小説を読むのは、デビュー作である『キリハラキリコ』に続き2作目です。


内容紹介。

つまらない本しかおいていないツクツク図書館は、運び屋、語学屋、戻し屋ちゃん、と職員もへんてこぞろい。
そこにある秋、ひとりの着ぶくれ女がやってきた。
仕事は蔵書を"読む"、ただそれだけ。
なのに女は働かず、来る日も来る日もわがまま放題。
だけど図書館にある《伝説の本》の話を聞いて……?

"つまらない本"しか置いていない、不思議な図書館での物語です。
廊下が一切なく、いくつもの部屋がドアで直接繋がっている不思議な図書館。
部屋にはそれぞれ、魅惑的な一文から始まる小説の部屋、えこひいきの部屋、栞の部屋など名前が付いています。
本書はそれらの部屋の名前が付けられた全24章から成っています。
長い章でも20ページくらいですね。


感想。

著者の前作『キリハラキリコ』は、よく分からなかったんですよね。
まぁでももう1作くらい読んみようかと思って買ったのが本書なんですが。
今回は面白かったです。
本が好きな人間は、本がたくさん出てくる物語ってきっと好きですよね。
読みながらそんなことを思いました。

よく出てくる登場人物は、着ぶくれ女と図書館の館長の2人でした。
その内メインになってるのは着ぶくれ女。
彼女がツクツク図書館を訪れるところから始まっていますしね。
しかし、最初の方から、この着ぶくれ女に対する印象は悪いですね。
まぁ実際良い人ではないんでしょうけど。
若干イラッとする。
いや、若干というよりは結構イラッとする。
大体最後までその印象でしたね。
こんなに反感を誘うような人物がメインっていうのも珍しいですね。


「おもしろい」、「つまらない」、って何なんでしょうね。
結局のところ人それぞれなんじゃないのかなぁとも思いますが。
本書の中で館長が言ってましたけど、誰が読んでもつまらない本ってあるんですかね。
実際に販売されている本の中に。
私も本を読んで、「つまらない」という感想を持ったことはあります。
しかし、それにしたって誰かがおもしろいと思って発売されたわけで。
出版社だって商売ですしね。
自費出版だとそうでもないのかもしれないですけど。
まぁでも誰が読んでもおもしろい本、っていうのは存在しない気がしますね。
現在これだけ大量の本が出版されているということは、それだけ人の価値観というのは多様だということでしょう。
そんな千差万別の価値観のすべてに好印象を与えるのは困難ですよ、きっと。

一冊の本の、ある一部分だけがおもしろいって場合もありますよね。
あるいは、途中までおもしろかったのに、ラストで興醒めとか。
そういう作品は、「おもしろい」と分類しても良いのか。
それも結局人それぞれなんでしょうね。
何の結論も出ない。
「人それぞれ」が結論なのか。
そんなわけない。
わからない。
ツクツク図書館 (MF文庫ダ・ヴィンチ)ツクツク図書館 (MF文庫ダ・ヴィンチ)
(2010/08/25)
紺野キリフキ

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【た行】|2011-03-05_16:45|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。