文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

アニコイ 5

月刊少年エースに連載されている「アニコイ」のコミックス第5巻を読みました。
4巻の発売が12月だったので、今回はインターバルが結構短いですね。
表紙は世継先輩。
おだんごヘアー。
世継先輩だよね?


前回で進んだような進んでないような、でもちょっとずつは進んでるアニメ制作の続き。
テーマが告白に決まり、なんとなくここから前進していきそうに見えたアニメ部は、やっぱりアニメ部でした。
まっすぐ進むわけがないよね。
見てる人間からすれば、そちらの方が面白いけれども。
で、季節は夏ということで合宿へ。
まぁこの場合は、ちょっとどうなんだろ?っていう合宿ですけど。
合宿と言えば、肝試し。
4巻のエピソードに登場したおかっぱメガネの女の子が本格的に出てきました。
安食枝折(あんじきしおり)、通称アンリ。
いやぁ、この娘も可愛いですね。
デュラララの園原杏里に似てるよね。
あ、だからアンリちゃんか。
肝試しでも色々ありつつ、でもアニメ作りは進まず。

あとは、女性陣の浴衣姿があったり、水着姿があったり。
後半は俺妹パロでした。

アニメ制作の方は、ちよちゃんが案を出したおかげでちょっと進んだかな。


いやしかし女の子が可愛い。
今回も新キャラ、モブキャラと沢山可愛い女の子が出てきました。
ジョリーナはやっぱり美しいですね。
美しい、麗しい。
リゾート風の私服が良いですね。
顔は怒ってるけど、それがまた良い。
けど、ヤドカリも可愛い。
甲乙つけがたい。

世継先輩は忍野忍コスが可愛い。
ちっちゃい女の子には似合うね、このコス。
アニコイ 5 世継

ちよちゃんは、なんだろ。
とりあえず綺羅星★Tシャツが羨ましいな。
欲しい。


なんか感想がいつもより適当。
まぁいいか。
とりあえず女の子が可愛いことだけでも伝わればそれで。


アニコイ (5) (角川コミックス・エース 86-20)アニコイ (5) (角川コミックス・エース 86-20)
(2011/02/26)
ゴツボ×リュウジ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(1)|trackback(0)|コミック【あ行】|2011-02-24_22:13|page top

ディーふらぐ! 4

コミックアライブに連載中の「ディーふらぐ!」のコミックス第4巻を読みました。
表紙は2人。
水上桜と新キャラ、風間の妹・之江。
4巻まで来て、ゲーム製作部(仮)からは、ようやく2人目ですね。
そして之江。
髪の毛の色やツンツン具合が兄妹そっくりですね。
そして兄妹そろってツッコミ体質。

何故だか「ディーふらぐ!」公式サイトがオープンしてます。

ディーふらぐ!公式サイト

アニメ化の兆しですかね。


話は前回行われたゲーム大会の後日談から。
まさか高尾部長のあの「チャックがボーン事件」が取り上げられるとは思いませんでした。
さらに続けて高尾部長エピソード。
やっぱり人気高いんでしょうね。
しかし、私服着てると尚更おっぱいが目立ちますね。
いつもは制服で相当締め付けられてるに違いない。

そして之江が登場。
良い妹ですね。
ツッコミのテンションは兄と同じく高いですが、それ以外は結構普通の女の子な気がします。
兄妹揃って負けず嫌いだったりもするけど、まぁそんなの可愛いものですよね。
ゲーム製作部(仮)の女性たちに比べれば。

そして船堀さん。
前巻ほど出ずっぱりではありませんでしたが、ちゃんと出番がありました。
いや、しかし可愛いな船堀さん。
優しくて健気で一生懸命で。

一番女の子らしい女の子ですよね。
二番は高尾部長。

あとは、桜と之江がライバル関係になったり。
ゲーム製作部(仮)と之江のエピソードでした。
後半は高尾部長が出てきませんでした。
まぁそんな時もあるか。
前半は完全にメインヒロイン扱いだったもんね。

そんな高尾部長のおっぱい鷲掴み事件。
ディーふらぐ! 4 高尾部長
犯人は之江。
羨ましい。
手に余るとかってレベルじゃない。


こんな感じで、「ディーふらぐ!」第4巻の感想でした。
そういえば、3巻のゲーム大会直後に出てたあの謎の女の子は、今回出てきませんでしたね。
また違う集団が現れるフラグだったんですけど。
まぁそれも含め、次巻では高尾部長や船堀さんの活躍に期待。
5巻の表紙は誰になるんでしょう。


ディーふらぐ! 3


ディーふらぐ! 4 (MFコミックス アライブシリーズ)ディーふらぐ! 4 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2011/02/23)
春野 友矢

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2011-02-23_18:13|page top

ニンギョウがニンギョウ

西尾維新氏の小説『ニンギョウがニンギョウ』を読みました。
講談社BOXの本のように箱に入ってはいますが、分類としては講談社ノベルスなんですね。
そしてお値段が結構高いんですよ。
140ページの本が、定価1500円。
本当に西尾維新が好きな人しか買わないんじゃないでしょうかね。
まぁお値段につり合うように、装丁は格好良いです。


話のあらすじは、なんだかよく分からない感じ。

amazonの書籍情報に書かれている文章がこちら。

映画を見に行くことになったのは妹が死んでしまったからだ。
私は平素より視覚情報に関しては淡白を貫く主義なので、映画を見るのは実に五年振りのこととなり、妹が死んだのも、矢張り五年振りだった。
回数を勘定すれば、共にこれが四回目である。
映画を見るのは妹が死んだときだけと決めているのではなく、逆であり、妹が死んだからこそ、映画を見るのだ。
そうはいってもしかしこうしょっちゅう死なれては私としても敵わない。
日頃大きな口を叩いている友人達に合わせる顔がないというものだ。
私には合計で二十三人の妹があるけれど、死ぬのはいつも、十七番目の妹だった。

これは本の裏側に位置する帯に書かれている文章で、本書の冒頭に当たる部分です。
ここから色々あるわけですけど、言葉ではどうも説明しづらいので感想だけ書きます。


とりあえず分かりにくい。
分かりにくいというか、分からない。
戯言シリーズ用語辞典『ザレゴトディクショナル』の中に本書の項がありましたね。
そこには、「わかりにくさを追求した」と書かれていました。
まさにそんな感じ。
戯言シリーズと比べると、驚くほどの分かりにくさ。

まず、読んでても主人公の姿が全然想像できない。
なんで靴を三足も履いてるんだよ、とか。
頭の中で主人公の姿を作れないままに読み進めて、さらに分からなくなる。
結局最後まで想像できないままでした。
まぁ分かんない話はまた後で。

前述のように、この話には妹が登場します。
登場するというか、かなり重要なファクターのひとつになっています。
西尾維新って「妹」が好きなんでしょうかね。
物語シリーズの妹達然り、戯言シリーズの妹然り、妹が重要ポジションにいますよね。
世界シリーズも、人間シリーズもそうか。
シリーズもので妹が出てないものなんて刀語くらいじゃないでしょうか。
刀語は姉でしたね。

西尾維新が書く家族って、結構暑苦しい感じしませんか。
妹は兄が守るのが当たり前ってのはまぁ当たり前なんでしょうけど、文字にするとなんか違和感。
自分自身の感覚とは違うからなんでしょうけど。
『偽物語・下』を読んだ時も同じような事を思ったんですよね。
阿良々木さんが家族には理想を押し付けますよって語ってたところで。
まぁこれが西尾維新の妹観なんでしょうね。


帯には「想像力の奔流」って書かれてますけど、まさにそうですね。
西尾維新のイメージの中を流れてる感じ。
ふわふわしてるようで小難しい。
言い回しなんかは普段の、というか私がこれまで読んできた西尾維新の文章なんですけどね。
まぁなんにせよ分かりにくい。
捉え難い。

たまにはこういうのも良いかなぁって思います。
気分転換にしては、お値段が張りますけど。
西尾維新が好きな人で、特に読みたい本が無いなら買ってみても良いんじゃないかな。



ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)
(2005/09/06)
西尾 維新

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【な行】|2011-02-21_21:34|page top

神様ドォルズ 8

月刊サンデーGXに連載中の「神様ドォルズ」のコミックス第8巻を読みました。
帯にはTVアニメ情報が。
今夏放送予定らしいです。
監督・岸誠二、脚本・上江洲誠、キャラデザ・森田和明っていう「瀬戸の花嫁」な感じ。
キャストは詩緒・福圓美里、匡平・岡本信彦、日々乃・茅野愛衣が発表されています。
制作はブレインズ・ベース。

8巻の表紙は詩緒と匡平。
色は赤系。
表紙に男性キャラが登場したのは、8巻目にして初ですね。
阿幾くらいは表紙に出ててもおかしくないとは思いますが、まぁ最初はやっぱり匡平か。
主人公だもんね。

前回玖吼理の制御が出来なくなった詩緒。
靄子にも原因は分からず、一度村に持ち帰って調べてみることに。
なんかついこの間も村に帰ってたよね。
行ったり来たり忙しいな。

行くところなくなっちゃってた桐生は、結局勾司朗のもとへ。
まぁ桐生はやっぱり勾司朗といるのがしっくりくるよね。
その後すぐ、村の御館様からの命で村へ。
御館様は隠し持ってた天照素を使う悪だくみ中。

どこに隠れたのか、阿幾は色々ケリを付けるために村へ。
出発前には匡平のところに挨拶しに来てました。
過去に決別はあったものの、やっぱり友人なんですね。
これはこれで良い関係なんでしょう。
前回の事件後に身を隠してたまひるは、阿幾に拾われて一緒に村へ。
行くところ無い者同士。

日々乃を含め、関係者がぞろぞろと空守村へ集まることになりました。

天照素の秘密とかもちょいちょい明らかになりつつ。
8巻の終盤にかけて、物語が加速してきた感じがします。
やっぱり匡平は主人公だなぁって展開になってきました。
匡平と日々乃の関係性も少しずつでも進展してるみたいです。

村では新しい隻も登場して。
当然新しい案山子も登場して。
眼鏡かけたお姉さま。
紫音さん。


今回も日々乃のおっぱいは大活躍でした。
いつ見てもちょっと心配になるくらいの大きさですね。
シートベルトの食い込み具合が尋常じゃない。
まぁ日々乃に限らず、この作品の若い女性はおっぱい大きい人が多いよね。
靄子とか久羽子とか。
勾司朗の奥様はそうでもないか。


まぁなんにせよ急展開。
天照素を巡る争い、というか天照素が絡む争いって感じかな。
次巻は天照素がガシガシ動いてくる展開になりそう。
戦闘シーンとか多そうな予感。
匡平と阿幾の共闘とか欲しいなぁ。



神様ドォルズ 7


神様ドォルズ 8 (サンデーGXコミックス)神様ドォルズ 8 (サンデーGXコミックス)
(2011/02/18)
やまむら はじめ

商品詳細を見る

comments(0)|trackback(0)|コミック【か行】|2011-02-19_06:36|page top

さよなら絶望先生 第二四集

週刊少年マガジンに連載中の「さよなら絶望先生」のコミックス第24巻を読みました。
表紙は関内・マリア・太郎。
頭に物を載せてるのは、やはり身長的な問題なんですかね。
他のキャラより背の低いマリアは、ただ立ってるだけだと画面がスカスカになりますからね。
いや、それにしてもやはりマリアは可愛い。
着てる和服の柄も、子供らしいです。

内容はまぁいつも通りですよね。
時事ネタ拾っちゃうと単行本時には風化しちゃいますが、絶望先生ではそれすらもネタです。
ただなんとなく見たことあるような気がしちゃうんですよね。
マンネリってやつでしょうか。
マンネリすらネタになるけど、それ自体もマンネリというか。
なかなか難しいものですね。
面白いとは思うんですけどね。

登場キャラで一番可愛いのは小森霧ですよね。
部屋から出れない以上、出番が限られるのが困ったところですが。

なんか絶望先生読んで、あんまり感想が出て来ないんですよね。
マンネリだなぁぐらい。
実際マンネリなのか、私が飽きちゃってるだけなのかは分かりませんが。
でも新刊が出たら買っちゃう不思議。
なんでだろう。

絶望先生のアニメのブルーレイBOXは、ちょっと欲しいと思う。


さよなら絶望先生(24) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生(24) (少年マガジンコミックス)
(2011/02/17)
久米田 康治

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【さ行】|2011-02-18_00:45|page top

魔法先生ネギま! 33

週刊少年マガジンに連載中の「魔法先生ネギま!」コミックス第33巻を読みました。
今回の限定版にはドラマCDが付いてます。
アリアドネー編、夕映のところらしい。
私が購入したのは通常版ですけど。

表紙は龍宮隊長とネギと、いかにもラスボスっぽい風体だけどラスボスではない何か。
見た目ではFF系のラスボスみたいですね。
全部で3形態ある中の、第2形態っぽい。
龍宮隊長の服装は、なんというか健康的エロスですね。
こんなに肌さらけ出すと防御力落ちそうなものですけど、どうなんでしょうね。
読者的には露出が多いほうが楽しいのは確かですけど。
あと、龍宮隊長のことは何故だか「龍宮隊長」って呼んじゃいます。
麻帆良祭で告白阻止してた時の印象が強いんですかね。

話はフェイト達の本拠に突入して、急にザジが現れたところから。
ザジに関しては、まぁ何かあるだろうとは思ってましたけど、まさかこんなところで登場するとは。
しかも語尾が「ポョ」。
まぁ結局ザジ・レイニーデイ本人ではなかったわけですが、ザジの人となりも少し明らかになりました。
作中で千雨も言ってましたが、ネギのクラスはバケモンだらけでしたね。
エヴァンジェリンをはじめ、明日菜、超鈴音、茶々丸、さよちゃん、そしてザジ、龍宮隊長。
これプラス分類的には普通の地球人の女の子たちですからね。
尋常じゃない。

なんだかんだありつつ、ネギには魔法世界を救うプランがあるという話。
フェイト達はそうかそうか、って引き下がるわけにはいかないので、結局戦う展開ですけど。
「ネギま」も戦闘力のインフレが凄まじいですね。
特にネギが。
どれくらい強いのかの基準は分からないですけど、今のネギなら魔法世界の国家くらいなら一人で落としそうな雰囲気です。
それと互角に戦う敵がいるのが、またすごいことですけど。
ネギ以外のメンバーの戦闘力も高いですね。
仮契約のおかげで、まき絵や裕奈も戦えるキャラになりました。
他にも役立つアーティファクトが色々。
記念すべき300時間目では、みんなに二つ名が付きました。
本格的に冒険者パーティーっぽくなってきましたね。
あと、「ここは私が守るからお前は先に行け」展開。
王道ですけどやっぱり良いものですね。
熱い雰囲気でネギはフェイトとの最終決戦に向かう、ってところで次巻に続く。


女の子の話。
今回目立ってたのはやはりザジ、龍宮隊長でしょうか。
戦闘になるとどうしてもネギが目立っちゃいますしね。
それぞれに良い働きはしてるんですけど、ネギの強さの前では霞んじゃう感じ。
くーふぇ、楓、刹那はさすがに戦闘力も高めで、他よりは少し戦えてる感じもしました。
まぁなんにせよ戦闘シーンが多くて、女の子の可愛いシーンは少なかった気がします。

今回の注目シーン。
魔法先生ネギま! 33
防御力向上のために強制的に「影の鎧」を着させる高音さん。
泣く泣く着用させられるメイ。
これは次巻での裸フラグですね。
これは楽しみだ。


こんな感じで、「魔法先生ネギま!」第33巻の感想でした。
いやぁ。次が待ち遠しい。
映画の公開も今夏に決定したようですので、そちらも。


魔法先生ネギま! 32
魔法先生ネギま! 31

魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま!(33) (少年マガジンコミックス)
(2011/02/17)
赤松 健

商品詳細を見る
CD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 33巻 (講談社キャラクターズA)CD付き初回限定版 魔法先生ネギま! 33巻 (講談社キャラクターズA)
(2011/02)
赤松 健

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(1)|コミック【ま行】|2011-02-17_17:55|page top

空色スクエア。 4

まんがタイムきららフォワードで連載された「空色スクエア。」のコミックス第4巻を読みました。
最終巻です。
21年3月号から23年2月号までの連載でした。
ちょうど2年間ですね。

4巻の表紙は文香。
見返り美人ですね。
夜空と花火と見返り文香。
深雪と文香が順番に表紙を飾っていたので、4巻は文香。
4巻を読んでから見ると、最終巻は深雪が良かったんじゃないかと思わなくもないですね。
まぁ私は文香が好きなので満足ですけど。

3巻のラストで2年前までの記憶を取り戻した深雪。
それと同時に、ここ2年間の記憶を失ってしまいました。
記憶的には、2年前の事故直前に戻ったって感じでしょうか。
2年間分の記憶を失ったということは、ゆりあのことをすっかり忘れてしまったわけで。
こういう時に一番つらいのはきっとゆりあでしょうけど、深雪も結構大変な状況ですよね。
自分では覚えていないけど2年間生きてきたって言われて、一体どんな風に思ったんでしょうか。
ゆりあも辛いですけど、この場合はゆりあからアクションを起こすしかないんですよね。
大丈夫、ゆりあは強い子ですよ。

深雪の記憶が回復してからは、3人の関係性が一気に進みましたね。
いささか急じゃないかとも思いましたが、ずっと後回しにしてきたことですね。
端的に言えば、深雪と文香どっちを選ぶのかという問題。
まぁ記憶が失われてる間にする話ではないんでしょうけど。
最初に一歩踏み出したのは文香でした。
彼女が一番大人だったってことでしょうか。
文香には東京での仕事のこともありますしね。
いつまでもこのままではいられないことを誰よりも知っていたのかもしれません。

こういう時に一番辛いのは誰なんでしょうね。
私は修一目線で読んでしまうので、どうしても修一の辛さに目が行ってしまいます。
2人の内から1人を選ぶってことは、もう1人は選ばないってことですからね。
責任の重い選択ですよね。
決めることよりも、今の心地よい関係性を壊すことに躊躇ってしまう。
人間ってそんなものですよね。
でもまぁ壊さないと前に進めないわけで。
最初にその決意が出来たのが文香だったんですね。
修一が選んだのは深雪だったわけですが、そこで一歩進んだことでこの3人は前に進めるのでしょう。

3人の関係性は一歩進んで、文香はまた東京へと旅立って行きました。
個人的には文香が好きだったんですけどね。
序盤から深雪と並んでヒロインでしたが、修一が深雪を特別に想ってる様子は伝わってましたからね。
そういう文香の報われなさというか、そういうところに惹かれたのかもしれません。
とかもっともらしいことを言ってみる。
まぁ単純に文香の方が可愛く見えたから好きだったんですよ。
多分ね。
空色スクエア。 4 文香
踏ん切りが付いてすっきりした表情の文香。
うん、やっぱり可愛いね。
最高だね。


ということで、「空色スクエア。」第4巻の感想でした。

双先生、連載お疲れさまでした。
双先生の次回作に期待。


空色スクエア。 3


空色スクエア。 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)空色スクエア。 (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/02/12)


商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【さ行】|2011-02-13_14:32|page top

夢喰いメリー 6

まんがタイムきららフォワードで連載中の「夢喰いメリー」の第6巻を読みました。
5巻の発売は2010年12月でしたので、2か月しか間隔が空いていないことになりますね。
アニメが放送してる最中に出したかったってことでしょうか。

表紙はいつも通りに綺麗なお腹のメリーさん。
いやぁ、いつ見ても良いお腹だ。
右手には5巻で登場した鍵。
この鍵は表紙には初登場ですね。
持ち手の方にはちょっと凝ったような、そうでもないような意匠があった気がするけど、ここでは見えず。


今回は新キャラの顔見せと前回出た夢の話続き、最後にちょっと光凪さんちの由衣ちゃんの話。
新キャラは、エルクレスに脅迫されてしぶしぶ服従してるっぽいクリオネさん。
夢喰いメリー 6 クリオネ
ずいぶんと病んだ表情をしていらっしゃいますね。
何か嫌な事でもあったんでしょうか。
そしてお胸がぺったんこ。
おっぱいサイズはメリーと良い勝負ですね。
クリオネの方が少し大人っぽい気がしますけど。
そもそも夢魔に年齢とか老化とかってあんまり関係なさそう。

みんなが見てた同じ悪夢の話。
勇魚を"器"にしようと画策する夢魔の仕業でした。
勇魚の体を狙うとは、夢魔もなかなか良い目をしていますね。
まぁ結局夢魔の話ってよりは、勇魚の話だったのかなって感じ。
結構あっけなくやられていきましたね。
勇魚はやっぱり可愛いなぁ。
物語自体は、進展したようなしてないような。
新たな事実が出たっぽいけど、それがこれからどんな風に関係していくのかは分からない。
ファンタジーって大抵こういうもんだよね。
あと、そういえば男がちょっとだけ活躍してたね。
でもまぁ私は男には興味が無いのだよ。

由衣の話は過去話っぽいですね。
エンギと由衣が出会った時の話。
その時にも何か夢にまつわる事件が起こってて、そこで次巻に続く。
6巻は勇魚の巻って印象でしたが、7巻は由衣の巻になるんでしょうかね。
由衣も可愛いから良いけど。

今回も勇魚はパーフェクトに可愛いです。
素晴らしい。
メリーと比べるから、尚更勇魚の女の子っぽい可愛いところが強調されるんでしょうかね。
メリーはあの通りやんちゃですし。
驚いてても泣いてても、勿論笑ってても可愛い。
そして、今巻のベストショット。
勇魚のお腹チラリ。
夢喰いメリー 6 勇魚 お腹チラ
メリーのぺったんこでつるつるなお腹も良いけど、勇魚も素晴らしいね。
このぷにぷにしそうな感じなんともたまらないです。
勇魚の可愛いもっともっとたくさんありましたけど、それは各自自分で探しましょう。


こんな感じで、夢喰いメリーの大6巻でした。
勇魚が目立ってて可愛い巻でした。
いつも通りだね。
次はとりあえず由衣関連の話になりそうです。
私としては、可愛い可愛い勇魚が見られればそれで良い。


夢喰いメリー 5

夢喰いメリー (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)夢喰いメリー (6) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2011/02/12)
牛木 義隆

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【や行】|2011-02-12_15:24|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。