文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

けいおん! 4

皆さんご存じの「けいおん!」第4巻を読みました。
人気絶頂のところでの最終巻ですね。
まぁだらだらと続けるよりは、きっといい判断なのだろうと思います。
今回の表紙はムギ。
先輩組4人が順番に表紙を飾ったことになりますね。
梓の分も欲しくなかったと言えば嘘になりますが、まぁその辺は各販売店の特典カバーで各自補完しましょう。
私はアニメイトであずにゃんカバーをもらってきました。

4巻の内容は、夏休み明けから唯たちの卒業まで。
学園祭や受験勉強などアニメでも観た話もいくつかありましたが、そうでもないのも結構ありますね。
これはアニメでの改編のおかげでしょうか。
まぁやってることは同じでも、表現が違うと新鮮ですね。
今までマンガではそれほど活躍のなかった純が結構出てたのも嬉しかったです。
和と憂の絡みが見れたのも良かったなぁ。
唯と和が幼馴染ってことは、憂と和も幼馴染なのは自明でしたね。
今回そのエピソードを見るまで、あまり意識したことのなかったポイントでした。

私個人的には唯が好きでした。
最初の1話を見た時からずっと唯一筋、あずにゃんにも引っ張られずここまでこれました。
私にとっての「けいおん!」は、イコールで平沢唯ですね。
ほかの皆さんはオマケみたいなもんです。

4巻通して見てみると、かきふらい先生の画力の上がり様が目に見えるようにわかりますね。
特にりっちゃんが可愛くなってるような気がします。
勿論唯は最初から可愛いですけどね。
かきふらい先生の次回作に期待、です。


そういえば、『はるみねーしょん』のはるみがまさかの最終話に登場してましたね。
今までもちょいちょい出てましたけど、最後にも顔を出すとは・・・。
はるみねーしょん好きとしては嬉しいですけどね。

けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)けいおん! (4) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/09/27)
かきふらい

商品詳細を見る


スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|コミック【か行】|2010-09-28_03:28|page top

チェルシー 2

まんがタイムきららキャラットに連載された「チェルシー」の第2巻を読みました。
お笑い女子高生4コマです。
この第2巻で完結。
表紙はなんだかおめかししちゃってるチェルシーの4人。
ユキが誰だお前な感じ。

やってることは1巻と同じく、学校ではしゃいでたり、コントしてみたり、たまに勉強してみたり。
きらら系ではよくある感じですよね。
作中ではほぼ男性が登場しないところとかも。
テンプレってやつですかね。
女子高生が集まって、お笑いやってるか、美術やってるか、音楽やってるか、みたいな。
4コマ作品である以上オチを付けることは必須なので、その中でお笑いを描くっていうのは案外難しいんだろうなぁと思います。
日常から全部コントみたいなものですからね。
まぁでもこういうのは女の子が可愛ければいいんですよね。
お笑いを通して女の子のキャッキャしてる感じを描いてるんだ、って風に私は理解してます。

そんな可愛い女の子の中で、個人的に一番好きなのは国府田幸。
黒髪ストレートロングで背の高い女の子です。
お笑いでの役割はボケ、普段のポジションは天然ボケ。
幸以外の人が話してる場面で、後ろで好き勝手動いてるところがもう可愛くて可愛くて。
(>▽<)←こんな顔してるとこも好き。

この作品にはお笑いカルテット『チェルシー』のほかにも、結構な数の登場人物がいました。
その中でも、お笑いとは関係ない、クラスメイト4人組が可愛くて良かったです。
お笑いしてる場面よりも、日常の学校生活シーンが好きだったからかもしれませんが。
今回は裏表紙にその4人組が。
チェルシー 2 裏表紙
表紙のチェルシーとの対比。
本編中ではずっと制服姿でしたが、裏表紙ではおしゃれな感じに。
うん、可愛い。

さて、本作はこれで完結しちゃいました。
2巻まで読んだ感想としては、日常シーンが面白いなぁってことが大きいですかね。
コントをしてる時よりも、普段の学生生活での掛け合いが好きでした。
あと、キャラが可愛い。
女の子が可愛いってことは、日常系のマンガには必須なポイントだと思います。
その点、この作品はとっても良かったです。

そんな感じで、シバユウスケ先生の次回作に期待。
先生のマンガは、この『チェルシー』とアニメ『GA 芸術科アートデザインクラス』の制作現場レポートしか読んだことがないんですよね。
またきららで描いてもらえると嬉しいです。

チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス)チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/09/27)
シバ ユウスケ

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-09-27_23:00|page top

GOSICKs Ⅱ -ゴシックエス・夏から遠ざかる列車-

角川文庫から再刊行されているGOSICKシリーズの短編集第2巻『GOSICKs Ⅱ -ゴシックエス・夏から遠ざかる列車-』を読みました。
シリーズ通算としては7冊目です。

今回はサブタイトルにもある通り、夏のお話です。
学園が夏休みに入りバカンスを楽しみに学園を後にする生徒たち。
そんな中、学園から出ることができないヴィクトリカと、彼女を放っておけなくて共に学園に残った一弥の日常の話。
本を読んだり、お菓子を食べたりしながら、彼らにもたらされるちょっとした事件を解いています。

ただ今回に限っては、ミステリ要素はおまけといっても過言じゃないでしょう。
全六章でそれぞれに解かれる謎があるのですが、そんなことより2人のやりとりがなんか可愛いです。
時系列的には『GOSICKⅣ ―ゴシック・愚者を代弁せよ―』の後となっていて、ヴィクトリカも大分可愛くなってます。
いや、最初から可愛いんですけどね。
一弥に対してちょっと丸くなったというか。
まぁ我儘なところは相変わらずですけど、我儘を言えるくらい信頼してるってことですよね。
ヴィクトリカの性格的には。

短編集はこれで2冊目ですね。
ゆったりな日常を描くには、短編集はもってこいですよね。
色んな場面を、色んなテーマを簡単に繋げられますし。
しかし、ミステリとなるとちょっと弱くなっちゃう気がします。
1冊全部使って張り巡らされた伏線をラストで一気に回収する、ってわけにはいきませんからね。
まぁこのシリーズはもともとそんなに堅苦しいミステリ作品ではありませんけど。

シリーズももう終盤ですね。
今回の短編集にはそんな気配は微塵もありませんけど。
シリアス展開が続く本編シリーズとは違って、ゆったりとした日常が描かれていました。
短編集は確かもう一冊出る予定ですよね。
そこでもこんな風にまったりした雰囲気で2人のやりとりが見られると嬉しいです。
そしてその前に、本シリーズの最終巻が発売されるはず。
2カ月後。
楽しみです。

GOSICKs -ゴシックエス・春来たる死神-
GOSICKⅣ ―ゴシック・愚者を代弁せよ―
GOSICKⅤ -ゴシック・ベルゼブブの頭蓋-


GOSICKsII―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車― (角川文庫 さ 48-31)GOSICKsII―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車― (角川文庫 さ 48-31)
(2010/09/25)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【か行】|2010-09-25_23:41|page top

ヤンデレ彼女 4

ガンガンJOKER・ガンガンONLINEで連載中の「ヤンデレ彼女」の第4巻を読みました。
ガンガンONLINEではこの作品がアクセス数NO.1みたいです。
結構人気あるんですね。
まぁ4コマ作品だという理由もあるでしょうけど。
気軽に読めますからね。
ラブコメ4コマってかなり汎用性が高い気がします。
作品自体のおもしろさも勿論あるんですけどね。

今回は野球したり、お花見したり、海に遊びに行ったりしてました。
だいたい半分くらいが野球回でしたね。
しかも野球回はラブコメ要素がちょっと少なかった気がします。
まぁ野球しながら全力でラブコメしろってのも無理な話ですけど。

今回は、野球回も含めて白鳥君が今まで以上に目立ってました。
聖とちょっとだけラブコメってみたり。
羨ましすぎる。
レイナもちょいちょい可愛いですが、やっぱり聖が好きですねぇ。

レイナのライバル、他校のちびっ子ヤンキーのナナミはあんまり出番なかったです。
それでも出てきたのは水着回だったので、おいしいところは持って行った感じ。
フリフリの付いたワンピースタイプの水着をチョイスするあたり、自分の見せ方はしっかり把握してますね。

そんな感じでヤンデレ彼女第4巻でした。
相変わらずニヤニヤしながら読めるいいラブコメです。
個人的にはレイナよりも、聖やナナミが好きなんですけどね。
レイナと田中が出てこない番外編みたいなものがあってもいいかなぁと思います。
というか、あってほしい。
そんな俺得展開を希望。

ヤンデレ彼女 3

ヤンデレ彼女(4) (ガンガンコミックスJOKER)ヤンデレ彼女(4) (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/09/22)


商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【や行】|2010-09-23_05:23|page top

聖剣の刀鍛冶 4

山田孝太郎氏の描くコミック版「聖剣の刀鍛冶」第4巻を読みました。
今回の表紙は魔剣アリア。
肌色比率が高いですねぇ。
美しくくびれたお腹と、惜しげもなく露出してる太ももが艶めかしい。
そして、おっぱい。
アリアが魔剣アリアと並ぶっていうのは、本編では見られないですね。
かっこいい。

本編ではルークとリサの秘密が多く明かされました。
ルークの持つ能力、目指すこととその理由。
リサの出生の秘密、これからのこと。
そして、大陸のお偉方の集まる会議で啖呵を切るセシリー。
和やかな感じで始まった割には、結構なシリアス展開でした。
多少の展開の違いこそあれ、アニメで見たストーリーとだいたい一緒だと思います。
誰が見ても黒幕臭しかしないシーグフリートさんも登場しましたし。

可愛い可愛いリサの話。
前巻は表紙を飾りながら本編では全然出番がなかったリサですが、今回はかなり話題の中心にいます。
まぁ、リサがいない場でリサの話をしてるって場面も多かったですけど。
リサはやっぱり家事をしてる姿が一番輝いてますね。
ルークと二人で野草を摘みに森に入り、山のような野草を目にしてよだれが出ちゃうリサ。
聖剣の刀鍛冶 4 リサ ヨダレガデマス
かわいすぎる。

今回はおめかししたセシリーとか、いつもどおりに可愛いリサとか見所満載でした。
毎度のことですが、セシリーのおっぱいアーマーの存在感は尋常じゃないですね。
外した姿もすごいですけど。

4巻のラストでは、アニメでは見なかったストーリーに入りました。
こっちが原作よりなんですかね。
次もリサがたくさん見れますように。


聖剣の刀鍛冶 3

聖剣の刀鍛冶 4 (MFコミックス アライブシリーズ)聖剣の刀鍛冶 4 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/09/22)
著/山田孝太郎原作/三浦勇雄

商品詳細を見る



私は特典目当てでとらのあなで購入しました。
4ページの小冊子付き。
カバーイラストのラフなどのほかに、なんと「僕は友達が少ない」とのコラボイラストが。
「はがない」中に登場する架空の美少女ゲーム「聖剣のブラックスター」のイラストです。
やばいです。
エロいです。
まぁブラックスターはそういうゲームって設定ですからね。
恥ずかしいくらいの直接的なエロ。
山田先生、いい仕事してますね。


comments(0)|trackback(0)|コミック【さ行】|2010-09-22_16:39|page top

GJ部 ③

新木伸著の萌え4コマ的小説「GJ部」の第3巻を読みました。
3か月に1冊のペースは崩さず。
1巻では春、2巻では夏が舞台でした。
そして3巻では秋です。
作品内の季節と現実の季節がうまく合ってていいですね。
4巻は12月でしょうか。

構成は前巻、前々巻と同じく、4ページのショートストーリーが36編収録されています。
3冊目ともなると、だいぶん慣れてきましたね。
もはやこの構成に落ち着きすら感じます。
今回はあとがきがありませんでしたが、違いといえばそれくらいでしょうか。

今回題材となっているのは文化祭、衣替え、ハロウィンなど。
表紙もハロウィンの仮装仕様になっています。
綺羅々はまさかの原始人コスですが、似合うのでまぁ良し。
さらに、今回は天使家のメイド・森さんが登場。
2巻ではスーツ姿だった森さんですが、ちゃんとメイド服姿も見せてくれました。
いいですねぇ、メイドさん。
メイドの森さんって聞くと、ハルヒを思い出しますね。
あの森さんもよかった。

今回もゆるゆるでした。
かわいい女の子に囲まれてゆるっとした生活を送る。
まさに理想郷、ユートピアってやつです。
ラブコメではないところがいいですよね。

相変わらず部長が可愛いです。
愛でたいです。
ちっちゃいのにエネルギーいっぱいで、しかも先輩。
ワガママだけど、それだけじゃない。
いい子です。
5人でコタツに入ってるイラストで、ちゃっかりキョロの膝の上に座ってる部長まじ可愛い。

恵ちゃんのメイド服姿も見れましたし、今回も満足です。
次は冬ですね。
待ち遠しいです。

GJ部
GJ部 ②

GJ部(グッジョぶ)3 (ガガガ文庫)GJ部(グッジョぶ)3 (ガガガ文庫)
(2010/09/17)
新木 伸

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【か行】|2010-09-17_20:43|page top

クロックワークガール

月刊ComicREXに連載されていた「クロックワークガール」のコミックスを読みました。
連載されたのは2010年3月号から9月号まで。
本書には連載された7話分と、2009年10月号に掲載された読み切り版が収録されています。
著者はハラヤヒロ。
「クロックワーク」ってのは時計仕掛け・ゼンマイ仕掛けって意味みたいです。
まんまですね。

内容は、ロボットになった女の子がメインのコメディ作品。
交通事故に巻き込まれて身体がスプラッタな感じになっちゃった女子高生・あしほ。
そんなあしほは、彼女の母の手によってロボットとして生まれ変わる。
動力はゼンマイ。
自力では動けないので、幼馴染の健太がリモコンを使って操縦。
やがて、そんなあしほの不思議ボディを狙い、ロシアから刺客がやってきて・・・。
っていうお話です。
刺客関係でチラッとだけシリアスなところもありますけど、まぁ大抵はギャグです。

あしほはいかにもなロボットキャラです。
怪力だし、首は外れるし、おバカだし。
おっぱいミサイルも付いてるみたい。
しかも友達思い。
クロックワークガール あしほ
そんなあしほさんの無駄機能のひとつ。

各話がそれぞれ結構短いので、サクサク読めます。
ギャグ作品はテンポが大事ですからね。
1冊だけで完結してるので、ちょっと空いた時間をつぶすのにはもってこいな感じですね。

クロックワークガール (IDコミックス REXコミックス)クロックワークガール (IDコミックス REXコミックス)
(2010/09/09)
ハラ ヤヒロ

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【か行】|2010-09-16_23:39|page top

兎の角 1

隔月刊誌のFellows!に連載されている「兎の角」の第1巻を読みました。
世の中にはいろんなマンガ雑誌があるものですね。
著者は本作が初の長篇連載となる睦月のぞみさん。
第1巻には1~6話が収録されているので、きっかり1年分ということになるんでしょうか。
単行本を待つのであれば、続きを読むのはだいぶ先のことになりそうです。

ストーリーはオカルト退治モノ。
プロポーション抜群の金髪お嬢様・天沢イズミ。
彼女の通う女子高に転入してきた小柄な美少女・真白アヤ。
この2人が学園で起こっているオカルト騒ぎを解決する物語です。

天沢イズミについて。
イズミは彼女が通う女子高の理事長の娘さん、正真正銘のお嬢様です。
背が高くて、胸が大きくて金髪の美人さん。
かといって、よくあるお嬢様像のように高飛車だったり傲慢だったりするわけでもなく。
お友達になりたい感じのお嬢様ですね。
理事長である父親の命で、オカルト退治に来たアヤのサポートをすることに。
とは言ってもイズミには何の能力もないので、もっぱらツッコミ役とセクハラを受ける役ですね。
セクハラを受けるのは、大きなおっぱいを持ってしまった者の宿命ですね。
二次元に限り、ですけど。

真白アヤについて。
理事長の依頼を受けてオカルト退治にやってきた専門家らしい。
身長が低くて胸もない美少女。
常に巨大な鈴を背負って活動してます。
そして幽霊が現れたらこの鈴で「ガツっ」と。
怪しい相手にもこの鈴で「ガツっ」と。
いいね。

1巻は学園の騒ぎを収めつつの、キャラの説明・物語の導入って感じでした。
いや、ボリュームは十分あるんですけど、ストーリー的にはここで一旦区切られた感じですね。
先が気になって仕方ない、っていう終わり方ではないです。

イズミが可愛くて可愛い作品でした。
おっぱいが大きいからってだけじゃないよ、まぁそれもあるのは否定しないけど。
言動はあまりお嬢様っぽくないけど、たまに見える育ちの良さが魅力ですね。
箱入りな感じ。
まぁそのスタイルもかなり魅力的ですけど。
サイズの小さいアヤのジャージを借りたイズミさん。
兎の角 1 イズミ
エロい体してますね。
次巻もイズミのエロボディに期待。

兎の角 1巻 (ビームコミックス)兎の角 1巻 (ビームコミックス)
(2010/09/15)
睦月 のぞみ

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-09-16_17:58|page top

異国少女とすみれの花束 1

まんがタイムきららフォワードに連載されている「異国少女とすみれの花束」の第1巻を読みました。
著者はこの作品が初連載、初コミックスとなるみずせ希跡。

曾祖父の屋敷を訪れたマサキは突如として19世紀のイギリスへとワープしてしまう。
そこで自分を「留学生」と歓迎する英国富豪の娘・ローズと、自分と同じく留学生だという日本人のすみれという二人の少女と出会ったマサキは、何とかして元の世界へと戻ろうとするが――。
っていうストーリーです。

女の子の話。
まずマサキがワープしてきちゃった屋敷の娘、ローズ・リンフォード。
金髪碧眼の、いかにもヨーロッパの女性といった姿です。
時代的なことと、階級的なことに関係しているのでしょうが、基本的にはドレスを着ています。
見た目はお嬢様ですが、性格はかなりフランクで親しみやすい良い娘です。
当時の流行に乗って、日本の文化にかなり興味を持っています。
着物や扇子をコレクションしてたり。

そしてもう一人の日本人留学生、小鳥遊すみれ。
大人しくてで日本人形みたいな女の子です。
服装は袴。
頭には大きなリボン。
いいデザインですね。
個人的にはローズよりすみれが好きです。
普段はあまり喋らない大人しい娘なんですが、口を開くと結構いい性格してました。
あと甘いものが好きらしい。

マサキは庭師見習いの留学生であると勘違いされているようで、今後は庭を弄ったりもしながら女の子と交流していくって感じになるんでしょうかね。
ヒロイン2人の名前も花に関係してますし。
1巻のラストではちょっとした事件が起こったりもして、ただゆるゆるした作品というわけでもなさそうです。
まぁ1巻だけじゃ判断が難しいですね。

そういえばリンフォード家のメイドさんが可愛いんですよ。
メイドさんは何人かいるみたいなんですけど、中でもよく登場する方がいまして。
まぁ名前はないんですけど。
異国少女とすみれの花束 1 メイドさん
可憐だ。
このメイドさんとラブコメってくれてもいいんですけどね。
むしろメインヒロインでも。
まぁそこまではいかないでしょうけど、せめて名前くらい出てくるといいなぁ。

2巻では、可愛いメイドさんの活躍に期待。

異国少女とすみれの花束 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)異国少女とすみれの花束 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/09/11)
みずせ希跡

商品詳細を見る



comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-09-12_10:04|page top

るいるい 1

コミックブレイドに連載中の「るいるい」第1巻を読みました。
著者はこれが初単行本となる真楠さん。
廃墟と美少女の魅力が詰まった作品でした。
割合的には廃墟:美少女=1:3くらい。

女の子が好きなこと以外は普通の女子高生羽山ほのかは、旧部室棟で出逢った美少女に誘われるがまま「廃墟部」に入部することに。
その廃墟部は部員も顧問も変わった人たちばかり。
そんな廃墟好きの面々に囲まれて、ほのかの廃墟部ライフが始まる。
ってな感じの作品でした。
女の子(大人の女性もいますけど)ばかりの、コメディ作品です。

メインの登場人物は4人。
廃墟にはあんまり興味がないけど、女の子には興味がある主人公羽山ほのか。
人見知りで巨乳。廃墟が好きで、ほのかを廃墟部に誘った美少女水沢柚姫。
オカルト・ホラー好き。低身長と貧乳がコンプレックスの2年生斎藤愛。
生徒会長も兼ねる廃墟部副部長。自慢のカラダを惜しげもなく晒す露出狂橘真奈。
部長はレアキャラなので、廃墟部メンバーはとりあえずこの4人。
この中で一番可愛いのは明らかに柚姫だと思います。
性格的にもデザイン的にも。
表紙でもメインの位置にいますしね。

そして、廃墟部の4人以外にもほのかの中学時代からの親友、廃墟部の顧問、生徒会副会長、ほのかのクラスの担任の先生が出てきます。
それでほとんど全部かな。
当然のように全員女性です。
別に女子高なわけではないんですけどね。
まぁ中でも生徒会副会長の佐奈先輩が可愛いんです。
ツンデレで有名な佐奈先輩。
いかにもツンデレ然とした見た目をしてらっしゃいます。
るいるい ① 佐奈先輩
この髪のトーンがなんかいい感じ。

そして美少女と並んでもうひとつの主役である廃墟。
と言ってみたものの、どう見ても廃墟は脇役ですね。
廃墟目当てで購入するとちょっと残念に思うかもしれませんが、たぶんそんな人はいないでしょう。
それでも廃墟が持ってる魅力はなんとなくわかった気がします。
実在の廃墟の名前なんかも出てきてますし。

まぁ廃墟をネタにしつつ美少女のあんな姿こんな姿を楽しむ作品でした。
水着シーンもありましたし。
ゆるい感じの部活モノコメディ作品って結構な数が存在してるので、その中でなんとか生き残ってほしいですね。

るいるい(1) (ブレイドコミックス)るいるい(1) (ブレイドコミックス)
(2010/09/10)
真楠

商品詳細を見る



comments(0)|trackback(0)|コミック【ら行】|2010-09-11_23:42|page top

狼と香辛料 XV 太陽の金貨〈上〉

支倉凍砂氏のライトノベル「狼と香辛料」の第15巻、『狼と香辛料 XV 太陽の金貨〈上〉』を読みました。
オビには最終章へ突入、と書かれています。
まぁそうですよね。
旅の目的地であるヨイツは、もう目と鼻の先です。

今回はエルサ、ル・ロワと共に出発するコルを見送るところからスタート。
6巻の途中からはずっと3人での旅でしたので、ホロとロレンスの2人きりで旅するのは久しぶりですね。
2人はホロの仲間の名を冠す「ミューリ傭兵団」に会うために、デバウ商会が牛耳るレスコの町へ。
デバウ商会に関する物騒な噂を聞いていたロレンスたちだったが、到着したレスコの活気に溢れた平和な様子。
そんな様子に訝しがりつつもミューリ傭兵団が滞在する宿屋を目指す。
そこで出会う団長ミューリ、そしてこの町の不自然さは一体何なのか。
って感じな話です。

見どころはなんといってもデレたホロの可愛さでしょう。
一線を越えることこそ許してくれませんでしたが、もう完全に相思相愛です。
ホロもロレンスもお互いのことを第一に考えていて、読んでるとニヤニヤしちゃいます。
ロレンスが尻に敷かれてる様はあんまり変わってないですけどね。
まぁでも2人で店を開いて暮らすっていうのがだんだん現実感を増してきました。

上下巻構成ということで、この巻ではあんまり大きな事件は起こっていません。
ホロにとってもロレンスにとっても、大きな出来事はありましたが、いつものように走り回る展開にはなってないです。
それでもこの巻だけでも成立するようには作られていますけど。
だからなのか、いつも以上にホロとロレンスのやりとりがゆったりしてた気がします。

とにかく何が言いたいかというと、ホロが可愛くてしかたないってことです。
今までも可愛かったのですが、ホロは話が進むごとにどんどん可愛くなります。
私はハーレムもののラノベも好きなのですが、ヒロインが1人に絞られてるこういう作品の方が好きかもしれないです。
ハーレムものだと、ヒロインがどれも可愛くて1人を選ぶのがつらいので。
この作品にもノーラやエーブがいますが、正ヒロインにはどうしてもなれないですもんね。
西尾維新作品とかもそうですけど。
ヒロインの役割が決まっているというか。
戯言シリーズは玖渚友、化物語は戦場ヶ原ひたぎ、それ以外の女性陣は終始サブヒロインな感じ。
まぁそういう風に考えてみると、結構な数の作品がそれに当てはまる気もしますが。

そんな感じで次は下巻です。
上巻がかなり思わせぶりな気になるところで終わったので、待ち遠しいですね。
下巻で完結ってのもありかもしれないです。
問題解決してヨイツに行った後の話も読んでみたい気はしますけど。
下巻でレスコ編が終わって、次でヨイツを訪れて大団円、その後1冊短編集を出してその中で1話だけ2人の後日談があれば完璧かな。
ヨイツ行くだけの巻は何するんだって感じだけど、1巻まるごといちゃいちゃしててもいいと思うんだ。
そんな思いで次を待つ。


狼と香辛料XV 太陽の金貨<上> (電撃文庫)狼と香辛料XV 太陽の金貨<上> (電撃文庫)
(2010/09/10)
支倉 凍砂

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【あ行】|2010-09-09_17:39|page top

レッツ☆ラグーン 1

ヤングマガジンにて連載中の「レッツ☆ラグーン」第1巻を読みました。
著者は岡崎武士氏。
13年振りの新作マンガらしいです。

表紙は本作のヒロイン衣舞瀬チカ。
制服姿で海に半分浸かってます。
ちなみにブラはつけてません、ないすおっぱい。

ストーリーについて。
主人公・山田壮太は気が付くと無人島にいた。
詳しい状況は不明、記憶もはっきりしない中、不意に現れた同級生の衣舞瀬チカ。
2人きりの無人島生活が始まる、って感じの話です。
読む前は男女がひたすらいちゃいちゃする作品だと思ってましたが、そうでもなかったです。
遭難したきっかけに関係する謎があって、それを追っていこうとする感じでしょうか。
1巻の時点ではまだまだスタート地点に近いですけど。

ヒロインについて。
ヒロインの衣舞瀬チカはノリがよくてかわいい女の子です。
前向きに見せながら、時折見せる弱いところもいい感じ。
そしておっぱいが大きいです。
ショートカットと夏服が似合う健康的な美少女さん。
チカは手荷物なしで流されてきたみたいで、着替えを持っていないんですよね。
なので下着は干してる最中とかで、ノーブラ・ノーパンな時もちょいちょいあります。
午前中は洗濯物干してて真っ裸らしいですし。
まぁ大事なところは見えないんですけどね。
常に制服は着てますし。
扉絵のチカ。
レッツ☆ラグーン 1 チカ 扉絵
かわいいは正義。

性格もおもしろい娘なんですよね。
主人公の頭の出血を止めるために、ブラを脱いで患部に巻いたときは笑いました。
レッツ☆ラグーン 1 ブラ包帯
頭にブラを巻きつけたまま真面目な話とかしちゃったり。

シリアスな展開もいいんですけど、もうちょっといちゃいちゃが見たいなぁと思ったり。
総括してみると、とりあえずチカは可愛かったです。
すごくいい子だし。
主人公も真面目な感じで好感が持てました。
ちょっと不可解でファンタジーな要素が混じってきそうですが、どうなるんでしょう。
目的としては2人でどうにか帰り着くことなんですかね。
なんにせよ続きに期待ですね。
あとチカの乳にも。

1巻に収録されているのがChapter01~Chapter10までなので、2巻が出るのは少なくとも10か月後ってことになるんでしょうか。
長い。

レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)レッツ☆ラグーン(1) (ヤングマガジンコミックス)
(2010/09/06)
岡崎 武士

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【ら行】|2010-09-07_22:58|page top

迷い猫オーバーラン! 2

ジャンプスクエアで連載されたコミック版『迷い猫オーバーラン!』第2巻を読みました。
著者はもちろん矢吹健太朗大先生です。
全8話の予定だった本作は、好評につき季刊誌『ジャンプSQ.19』に移籍して連載を再開しています。
矢吹先生に可愛い女の子を描かせたら、右に出るものはいませんね。
2巻の表紙は、おなじみの「お手!」のポーズで手をつき出しいる梅ノ森千世。
1巻の表紙の文乃と比べると、なんともつつましいおっぱいです。
だが、それがいい。

仕様は1巻と同じく、カラーイラスト数点と本編4話。
ステッカーは確か初版限定だった気がします。
さらに今回は千世が描かれたイラストカードが付属してました。
これってアニメイトの購入特典じゃなかったでしたっけ?
まぁ貰えるものは貰っておきましょう。

ストーリーは水着回、ブルマ+スパッツ回、銭湯回、そして希のお話で終わり。
アニメでなんとなく見た覚えのある話でした。
細部は違っていましたが、私は原作小説を未読なのでどちらがオリジナル展開なのかは分からないです。

まず水着回のはなし。
梅ノ森家のメイド、鈴木さんと佐藤さんのメイド服仕様の水着姿がなんか良かったです。
常に淡々としてる様がまた素晴らしいですね。
女性陣みんながビキニの中で一人スク水の千世。
幼児体型の宿命ですね。
乙女姉さんの胸はもう凶器と言っていいレベル。
まぁそんな中で竹馬園夏帆様がおいしいところをかっさらっていかれました。
迷い猫オーバーラン! 2 竹馬園夏帆様
ただひとつだけ残念だったのは、夏帆様の水着姿が拝めなかったこと。
清楚な黒髪美人の夏帆様には白スクが似合うと思う。

ブルマ+スパッツ→ブルッツの回。
構図がいちいちフェチズムを感じさせる、すごい回でした。
ブルマにもスパッツにも職人のこだわりとも言うべきものが見えています。
この話のメインは希ですよね。
ブルッツ。
迷い猫オーバーラン! 2 ブルッツ


後半は2話でひとつ、希の施設関連の話でした。
アニメではブルッツ回と一緒でしたけど、コミックでは夏帆様が出てらっしゃいます。
そして銭湯へ。
最終話はシリアス回で脱げないからなのか、銭湯では裸の大盤振る舞いでした。
鈴木さん佐藤さんまで脱いじゃった。
体操服ブルマ着用時は外してたメイドの証メイドさんカチューシャを、銭湯ではなぜか着用してる不思議。
メイドさんおっぱい。
迷い猫オーバーラン! 2 鈴木・佐藤
可愛いから良し。
この回を見て思いましたが、矢吹先生は女の子の体を描くのがとんでもなく上手いですね。
とくに体をひねったときのお腹周りがすごくいいです。
最終話はシリアス回。
こんなときでも隙を見つけてパンチラさせるこだわりにはもう感服です。
脱がなくてもパンツ見せなくてもかわいいですけどね。

今後ジャンプスクエアでは「To LOVEる」の続編が連載されます。
季刊にはなりますが、迷い猫も続くようで良かったです。

巻末の鈴木さん・佐藤さんのメイド服でスカートたくしあげてるイラストが最高です。
迷い猫オーバーラン! 2 巻末メイド
おへそまでおすそわけ。
あの2人が頬を赤らめてる姿なんて滅多に見れるものじゃないです。
まぁ狙ってやってるんでしょうけど。

迷い猫オーバーラン! 1
迷い猫オーバーラン! キャラナビブック 猫缶!

迷い猫オーバーラン! 2 (ジャンプコミックス)迷い猫オーバーラン! 2 (ジャンプコミックス)
(2010/09/03)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【ま行】|2010-09-03_15:32|page top

ストライクウィッチーズ2 ①伝説の魔女たち

現在テレビアニメが放送中のストライクウィッチーズ2のノベライズ作品、『ストライクウィッチーズ2 ①伝説の魔女たち』を読みました。
著者は南房秀久氏。
私は未読ですが、アニメ1期のノベライズも担当されていました。
カバーと巻頭のカラーイラストは島田フミカネ氏、本文中の挿絵イラストは京極しん氏が担当しています。
今回の表紙はエイラ・イルマタル・ユーティライネン中尉。
島田フミカネ氏の描くエイラは格好良いですね。
アニメ版の絵と比べて、表情がキリッとしてます。
中身はヘタレですけど。

今回作中で描かれるのは、アニメ2期の1~6話までの話です。
アニメのストーリーを追いつつ、アニメでは描かれなかった幕間の様子が少し入っています。
とはいっても、アニメの台詞を全て網羅しているわけではないので、アニメを観た人向けの補完作品といった印象を受けました。
小説だけ読んでもストーリーを把握しきれないんじゃないかと思います。
あと、あんまり文章は上手ではないと感じました。
稚拙というか。
ラノベらしいといえばそれまでなのかもしれませんが、ちょっとそこは気になる点でした。
みっちゃんは地の文でも「みっちゃん」でしたし。
あと、大事なところでの誤植っぽいものがひとつ。
キャラクターを間違えちゃだめですよね。

アニメが好きな人はある程度楽しめるのかなぁと思います。
誰かお気に入りのキャラがいるならなおのこと。
好きなキャラの知らなかったエピソードを知るのって楽しいですよね。
私はシャーリーが好きです。

第2巻の発売は10月頭の予定です。
表紙はサーニャ。
1期のノベライズの表紙は宮藤→坂本少佐→リーネ→ミーナでした。
2期はどうなるんでしょうね。
エイラ→サーニャの後、シャーリー・ルッキーニなのか、バルクホルン・ハルトマンなのか。
たぶんその2択だと思います。
個人的には前者だと嬉しいですが、ハルトマンも好きなので正直どっちでもいいかな。


ストライクウィッチーズ2  (1)伝説の魔女達 (角川スニーカー文庫)ストライクウィッチーズ2 (1)伝説の魔女達 (角川スニーカー文庫)
(2010/08/31)
南房 秀久

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【さ行】|2010-09-01_12:41|page top

爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!!

日日日氏のライトノベル「爆熱天使Xサン」の第2作目、『爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!!』を読みました。
1作目『爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!』の発売が今年の5月でしたので、続編が出るのはちょっと早めですね。
いやしかし、日日日氏は働きすぎじゃないですかね。
私が把握してるだけでも、8月発売の作品が4作もあるんですが。
まぁ筆が速いのは読者にとっては嬉しいことですけどね。

今回表紙を飾るのは聖希(ひじき)。
転真した〈正義の魔法少女〉の姿です。
おでこの製造NO.がチャームポイントってやつですね。
イラストレーターのTNSK氏は相変わらずいい仕事してますね。

今回はサブタイトルにもあるように、「正義の味方大戦」でした。
1巻で活躍したXサンや聖希、絶子さんはもちろん、新しく登場する正義の味方たちも含めてのバトルロイヤル。
全員が特殊な能力を活用しながら戦う様はまさに大戦と呼ぶにふさわしいものでした。
このシリーズはやりたいことが分かりやすくていいですね。
派手な技が飛び交う戦場の様子がすごく良かったです。
ぜひ映像化したいですね。

新しく登場した正義の味方たちはかなりバラエティに富んだ面々でした。
〈正義の独裁者〉とか〈正義のプリンセス〉とか〈正義の執事〉とか、果ては〈正義の半魚人〉まで。
中でも私が気に入ったのは〈正義のバネ足ジャック〉トラン・ポリン男爵と、〈正義の剣豪〉轟鬼殲竜丸影国。
そして今回の敵は〈正義の始皇帝〉オーディンΩ。
「正義」って言葉がゲシュタルト崩壊します。

そして可愛い女の子の話。
聖希は今回もかわいいです。
健気で内気な後輩タイプだけど、時には大胆に迫っちゃう聖希。
萌えキャラとしてはちょいちょい見かけるタイプですが、可愛いので問題なしです。
残念ながら今回も触手に狙われちゃってますけど。
Xサンはもちろん今回も大活躍。
やはり戦闘力では正義の味方の中でも群を抜いてるみたいです。
お約束の〈聖氣(せいぎ)〉補給シーンもありました。
やっぱり背中にキスっていいですね。
聖希のおでこもいい感じですが、やはり個人的には背中かなぁ。
そして今回の主要キャラ〈正義の独裁者〉ゴーマンナ=ドラキュラ。
幼女ですよ幼女。
しかも偉そうな幼女です。
テンプレですけど、いいものはやっぱりいいですね。

ラストではシリーズを通しての敵になりそうなキャラも登場。
続きが楽しみですね。
過労で倒れない程度に、次作も早めに出してくれると嬉しいです。


爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!


爆熱天使Xサン  第二次正義の味方大戦!! (角川スニーカー文庫)爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!! (角川スニーカー文庫)
(2010/08/31)
日日日

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-09-01_10:16|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。