文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

探偵・花咲太郎は覆さない

入間人間のメディアワークス文庫での2冊目です。
昨年の12月に刊行された『探偵・花咲太郎は閃かない』の続編になります。

やっぱりライトノベル寄りの文章な気がしました。
具体的にどこが、って聞かれると困りますが、しいて挙げるなら全体的な雰囲気でしょうか。
でもそんな思いも前作ほどではなかったです。
なんででしょうね。
まぁそんなことは別にどうでもいいですね。

今作ではトウキとの出会いが語られています。
主人公はさすが変態ですね。
そんなとこが地の文章ででるからラノベっぽいのかもしれません。

探偵物なのに謎解きをしないっていうところは前作と同じでしょうか。
小説の主人公が探偵である、ってだけですね。
事件を描くというより、人物を描くために事件がある感じ?
なんか違う気もしますが私の頭ではこれ以上語れません。
語彙が少ないってのは人生において圧倒的に不利だと思う。

私は前作より今作が好きでした。
感覚的に、ですけどね。
あるいは前作を読んでからの時間経過のせいですかね。
もう一度読み返してみましょうか。

なんかほんとに簡素で意味のない文になっちゃいました。
まぁいつもと同じですね。

探偵・花咲太郎は覆さない (メディアワークス文庫)探偵・花咲太郎は覆さない (メディアワークス文庫)
(2010/02/25)
入間 人間

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【た行】|2010-02-28_17:14|page top

ゆゆ式 2

まんがタイムきらら系列は宝の山だと思います。
ということでゆゆ式の2巻です。

1巻からそうでしたが、やっぱりキャラがみんなかわいいですね。
唯とゆずこが、特に唯ですかね。
自分のツンデレ好きが固まってきた気がします。

ネタは1巻の方がおもしろかった気がしないでもないです。
巻頭のカラー部分があんまりツボではなかったです。
まぁ1巻に比べたら、ってことですけど。

2巻からは新キャラの相川千穂が登場してます。
相川さんは登場人物紹介で「よわ目いいんちょ おっぱい」と評されています。
制服姿だとあんまりおっぱいが目立ってはないですけどね。
おっぱい抜きでも大変かわいらしいお方です。

今回は空きページで各キャラがコスプレ姿を披露しているのですが、
唯のチャイナドレス姿がもうかわいくてかわいくて。
恥ずかしがる顔が正直たまらんです。
そしてここでは相川さんがそのナイスなおっぱいを披露しておられます。
お見事としか言いようがない感じになってますね。

また1巻と共にちょいちょい読み返すマンガが増えました。

ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/02/27)
三上 小又

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【や行】|2010-02-28_16:36|page top

デュラララ!!

アニメも絶賛放送中。
話題のデュラララ!!をとりあえず6巻まで読みました。

ひとつの事件をいろんな視点から追うっていうのはおもしろいですよね。
私はこういう作りの小説が割と好きです。
アニメを数話観てから原作を読んだのですが、あのアニメの構成は原作にのっとったものなんですね。
同じ原作者・アニメスタッフのバッカーノ!は観たことないんですけど、
おんなじ感じなんでしょうか。

いろんな人物の視点で物語が語られるので、スポットの当たるキャラも多いです。
そのそれぞれを頭の中でしっかり描けるのは、先にアニメを見たからかもしれないですね。
それと一人ひとりキャラが立ってるからでしょうか。
以前読んだ恩田陸著『ドミノ』も似たような作りでしたが、こちらは登場人物の把握に苦労した覚えがあります。
私の処理能力の進化か、あるいはラノベならではのキャラのアクの強さでしょうね。

視点が変わるたびに時間軸がちょいちょい移動しますが、
それでも物語に疾走感が生まれるのは著者の才ですかね。

アニメを見て、竜ヶ峰帝人が主人公だと思ったら、
公式の主人公は首なしライダーのセルティなんですね。
小説でも出番はいっぱいありますが、なんかいまひとつ主人公っぽくない感じがします。
視点が移動するからかもしれませんが。

話の中身は、池袋を舞台にしたファンタジー混じりの群像劇って感じですかね。
私は『池袋ウエストゲートパーク』をなんとなくでしか知らないので、類似性とかもちょっと分かんないです。
実写で殴り合いの喧嘩とか見るの苦手で…。
地名だけ借りたファンタジーだと思うのがいいんでしょうかね。
今でも集団で殴り合いの喧嘩してる中高生とか存在するんだろうか。
まぁなんにせよ荒っぽい人たちもたくさん出てきます。
文章でも苦手な人は苦手なんだろうなって思います。

たくさんの登場人物が、どんな考えで、どんな動きをして事件が起きて収まるのか。
頭の中でみんなの行動が噛み合った時は快感ですよ。
嫌な人もいっぱい出てきますが、応援したくなる人も何人かいます。
一番いい人がたぶんセルティな気がして、そこはちょっと主人公っぽいかな。
人間じゃないのに一番人間らしいセルティと、とってもかわいい杏里だけがオアシスです。

デュラララ!! (電撃文庫 (0917))デュラララ!! (電撃文庫 (0917))
(2004/04)
成田 良悟

商品詳細を見る

デュラララ!!×6 (電撃文庫)デュラララ!!×6 (電撃文庫)
(2009/07/10)
成田 良悟

商品詳細を見る

comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【た行】|2010-02-23_01:29|page top

魔法先生ネギま! 29

ネギま!もついに29巻。
30目前ですね。
今回の表紙は小太郎(コジロー)と夏美です。
やっぱ男に獣耳はきついですね。
いつもの10歳ボディならともかく。

前巻から続いてどんどん謎が明かされてく感があります。
分かんないことも同時に増えてますけどね。

前半は、今のうちにみんな仮契約しちゃおうぜって話です。
くーふぇと茶々丸はネギと、夏美は小太郎と。
私は個人的にくーふぇが大好きなので、活躍する機会が増えそうなのは嬉しいです。
仮契約に照れて恥ずかしがる姿もかわいかったですけど。
最後は自分からいっちゃうのがまたくーふぇらしさですね~。
茶々丸はいつも通り仕草がエロです。
悩んでる姿とか見てると人間味出てきたなぁって思いますね。
ネギに魔力を注入されてもだえるのはおはやお約束ですね。
夏美は興味外なので…(汗)

後半は例の総督との会見。
総督はほんと悪そうな顔してますね。
実際悪役なのかもですけど、今回の話を見る限りではまた分かんなくなってきました。
みんな自分では世界を救うつもりなんですもんね。
正義の敵はまた別の正義ってやつですか。

ラカンの下で修行してから戦闘力のインフレがすごいですね。
ネギだけじゃなくくーふぇも強くなってましたし、他のみんなもそうなんでしょうね。
魔法世界での物語はまだ続くんでしょうね。
アスナさんはまだ偽物のままですし。
ここまで強くなって、地球に帰った後はどうするんでしょうか。
魔法世界と、多分地球も全部を救って最終回とかですかね?
でもそれだと地球の委員長とかの出番がないですし…。

まぁどうにかなるんでしょうね。
私はとりあえずおもしろければ何だっていいです。
次巻からのくーふぇの活躍に期待しましょう。

あ、あとついでに『ネギま!THE BIBLE』ってのを買いました。
これよむとこめっちゃ多いですね。
とりあえずストーリーSIDEから読んでますが、かなりのボリュームです。
毎巻をかなり細かく見てる人には物足りないかもしれませんが、モブキャラとかまでしっかり見てない私のような人には楽しくてしょうがないですね。
伏線を丁寧に追ってくれたりもするので、ストーリーのおさらいにはもってこいです。
「2003~2007」って書いてあるので、続きもきっと出るんでしょうね。
まだ半分も読めてないですけど、値段が高いだけのことはありますね。

魔法先生ネギま! 29 (少年マガジンコミックス)魔法先生ネギま! 29 (少年マガジンコミックス)
(2010/02/17)
赤松 健

商品詳細を見る


魔法先生ネギま!ULTIMATE GUIDE BOOK THE BIBLE 2003~2007魔法先生ネギま!ULTIMATE GUIDE BOOK THE BIBLE 2003~2007
(2009/12/17)
赤松 健週刊少年マガジン編集部

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【ま行】|2010-02-18_07:34|page top

長門有希ちゃんの消失

『涼宮ハルヒちゃんの憂鬱』作者のぷよ氏が描く、消失の世界の長門の物語です。

原作はキョン目線なので、長門目線で話が進むのがいいですね。
『涼宮ハルヒの消失』で、キョンが消失世界に来る前の消失世界ではないんですかね。
キョンが長門と一緒に文芸部員になっているので、完全にパラレルワールドですね。

長門とキョンと朝倉涼子が主な登場人物ですね。
ぷよ氏の描く朝倉は結構な人格者ですよね。
原作での朝倉のイメージとのギャップがいい感じです。
ナイフさえ持ち出さなければいい人ですもんね。

そして肝心の長門ですが、これはもう私の知っている長門ではないですね。
原作での長門を知った上で見るからかわいいのか。
それとも消失世界の長門がそれだけでかわいいのか。
まぁ両者ともにあるんでしょうけどね。
もうとにかく普通の女の子です。
キョンのことが大好きだけど気持ちを伝えられない、的な。
キョンと二人でいるときがすごい幸せそうです。

このままお得意のギャグをはさみつつラブコメしててくれるといいんですけどね。
この終わり方からして次巻からはシリアス展開が…、みたいになるんでしょうか。

映画も見に行かなきゃですね~。

『ハルヒちゃん』でもそうでしたが、森さんがすごくいいです。
森さんの出番がもっと増えたら申し分ないです。

原作を読んだ人には読んでほしい一冊でした。
「長門は俺の嫁」と言い張る人達の気持ちは理解できます。

長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)長門有希ちゃんの消失 (1) (角川コミックス・エース 203-5)
(2010/02/04)
ぷよ

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【な行】|2010-02-14_01:55|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。