文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

To LOVEる -とらぶる- ダークネス

ジャンプスクエアに連載中の『To LOVEる ダークネス』のコミックス第1巻を読みました。
週刊少年ジャンプに連載されていた『To LOVEる』の続編になります。
脚本は長谷見沙貴。
漫画は我らが矢吹健太朗大先生。
まぁ前作通りですね。

誰もが知ってるエロラブコメですよね。
私は前期と言いましょうか、第1期の『To LOVEる』を、途中までしか読んでいないんですよね。
8巻位だったかな。
『ダークネス』は、多分前シリーズの終わりからそのまま続く感じで始まっています。
アニメ第2期の最終話は、原作通りだったようで、私も見覚えのあるシーンが出てました。
ということで、少年ジャンプに連載されていた『To LOVEる』を未読でも楽しめると思います。
軽くキャラクターの説明などもありましたし。

1巻の表紙は金色の闇とモモ。
『ダークネス』において重要なポジションに居る2人です。
表紙ではまだパンツは見えないんですね。
本編内ではパンツどころではありませんでしたけど。

『To LOVEる』は完全にコメディ路線でしたが、『ダークネス』はそうでもない感じですね。
まぁコメディ部分も多いですが、シリーズを通してのストーリーがあるみたいです。
『To LOVEる』は基本的に一話完結型でしたから、その辺が変わってます。

これからどうなるのかは分かりませんが、今のところモモがメインキャラになっています。
ララやモモ自身を含め、リト周辺の女性たちでハーレムをつくるのがモモの目的。
その目的を果たす為に、モモが暗躍してます。
主にエロ方面で。

また、ヤミも結構扱いが大きいです。
ヤミを以前の冷徹な殺し屋に戻そうとする動きがあり、それをもくろむ組織っぽいのが出てます。
まぁそのエージェントも可愛い女の子なんですけどね。
エロ要因が増えたと考えれば良いかもしれません。

『To LOVEる』時代からエロ表現には力が入ってましたが、『ダークネス』になってさらにパワーアップした感があります。
これが矢吹大先生の力か。
とりあえず女の子は全員エロハプニング要因ですね。
ヤミもモモも蜜柑もララも。
そして新キャラのメアも。

個人的には、とにかくモモが可愛い。
素晴らしい。
変換 ~img048
この顔ですよ。
いや、素晴らしい。

いやまぁ他も可愛い女の子ばっかりなんですけどね。
でもやっぱり一番はモモだなぁ、うん。


という感じで、『To LOVEる ダークネス』第1巻の感想でした。
なんか『ぱ~ふぇくとらぶる』とかいう本も出てましたね。
一緒に買ってくれば良かったかなぁ。

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)To LOVEる―とらぶる― ダークネス 1 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2011-03-05_16:47|page top

ディーふらぐ! 4

コミックアライブに連載中の「ディーふらぐ!」のコミックス第4巻を読みました。
表紙は2人。
水上桜と新キャラ、風間の妹・之江。
4巻まで来て、ゲーム製作部(仮)からは、ようやく2人目ですね。
そして之江。
髪の毛の色やツンツン具合が兄妹そっくりですね。
そして兄妹そろってツッコミ体質。

何故だか「ディーふらぐ!」公式サイトがオープンしてます。

ディーふらぐ!公式サイト

アニメ化の兆しですかね。


話は前回行われたゲーム大会の後日談から。
まさか高尾部長のあの「チャックがボーン事件」が取り上げられるとは思いませんでした。
さらに続けて高尾部長エピソード。
やっぱり人気高いんでしょうね。
しかし、私服着てると尚更おっぱいが目立ちますね。
いつもは制服で相当締め付けられてるに違いない。

そして之江が登場。
良い妹ですね。
ツッコミのテンションは兄と同じく高いですが、それ以外は結構普通の女の子な気がします。
兄妹揃って負けず嫌いだったりもするけど、まぁそんなの可愛いものですよね。
ゲーム製作部(仮)の女性たちに比べれば。

そして船堀さん。
前巻ほど出ずっぱりではありませんでしたが、ちゃんと出番がありました。
いや、しかし可愛いな船堀さん。
優しくて健気で一生懸命で。

一番女の子らしい女の子ですよね。
二番は高尾部長。

あとは、桜と之江がライバル関係になったり。
ゲーム製作部(仮)と之江のエピソードでした。
後半は高尾部長が出てきませんでした。
まぁそんな時もあるか。
前半は完全にメインヒロイン扱いだったもんね。

そんな高尾部長のおっぱい鷲掴み事件。
ディーふらぐ! 4 高尾部長
犯人は之江。
羨ましい。
手に余るとかってレベルじゃない。


こんな感じで、「ディーふらぐ!」第4巻の感想でした。
そういえば、3巻のゲーム大会直後に出てたあの謎の女の子は、今回出てきませんでしたね。
また違う集団が現れるフラグだったんですけど。
まぁそれも含め、次巻では高尾部長や船堀さんの活躍に期待。
5巻の表紙は誰になるんでしょう。


ディーふらぐ! 3


ディーふらぐ! 4 (MFコミックス アライブシリーズ)ディーふらぐ! 4 (MFコミックス アライブシリーズ)
(2011/02/23)
春野 友矢

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2011-02-23_18:13|page top

trash. 1

ヤングチャンピオン烈に連載中の「trash.」のコミックス第1巻を読みました。
著者は、原作・山本賢治、漫画・D.P。
女子高生の殺し屋コンビを描いた、スラッシャーアクション。
血や内臓をぶちまけながら、ばたばたと人が死んでいく作品でした。

伝説の殺し屋と言われる「バレット&フランチェスカ」が、ヤクザの組長・許斐美能子から請け負った殺しを遂行していく作品。
ちなみに殺し屋の2人も、許斐美能子もみんな女子高生。
雇われの殺し屋とはいえ、殺す相手は基本的に悪逆非道な連中。
だからって、バレットとフランチェスカが善人なわけでは勿論ないですけどね。
銃使いのおっぱい眼鏡さんがバレッタ。
戦闘斧と投擲斧を組み合わせた危なっかしい武器を持ってるのがフランチェスカ。
斧は勿論、バレットの使用する銃弾も特別製で、必要以上に内臓が見えちゃってます。
苦手な方は、とことん苦手でしょうね。

メインキャラは女の子ですけど、美少女成分よりもグロの方が圧倒的に強い気がしました。
今のところ、バレットとフランチェスカが女子高生である必要性が全く見えてこないです。
セーラー服の女の子が描きたかっただけなんだろうか。

2人に殺される側の人間はおっさんが多いので、そのことも作品の美少女成分を相対的に少なく見せている原因でしょうね。
まぁ可愛い女の子が殺されるのも見たくはないですけど。
表紙を見た感じだと、美少女マンガに見えますけど、そう思って買うと面食らいますね。
要注意。

ひとつひとつの事件は独立してますけど、全編通してのストーリーもある感じです。
結構大きい話っぽいけど、今のところはなんとも言えませんね。
分かることが少なすぎる。


この作品、私は嫌いじゃないですけど、正直得意でもないですね。
グロが多いのはちょっと辛い。
女の子成分がもう少し多ければ、またちょっと違うんでしょうけど。


trash. 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)trash. 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/12/20)
山本 賢治

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-12-21_21:26|page top

Dr.るっる 3

ジャンプスクエアに連載されていた「Dr.るっる」の第3巻を読みました。
第3巻にして、最終巻です。
全12話なので、ちょうど1年間連載されていたんですね。
まぁ最初からそういう予定だったんでしょうね。

本編は3話分で、量的にはほぼ半分でした。
後半は読み切り作品を2作収録。
個人的にはるっるが好きだったので、ちょっと消化不良な感じ。


本編3話は、海でのお泊り話が2話と最終話。
海では肝試しをしたり触手プレイをしたり。
最終話では、悪魔風邪の治療薬が完成し、るっるが宇宙に帰還することに。
まぁこんなもんだよなぁって感じの終わり方でしたね。

ストーリーはまぁオマケみたいなもんですよ。
大事なのはギャグとるっるの可愛さです。
るっるのボケは、個人的には結構好きなものが多かったです。
あと、やっぱりるっるは可愛いですね。
性格的な面でもそうですが、主にビジュアル的に可愛いです。
本作には女性キャラがそれなりに沢山登場しましたが、その中でも一番可愛いのはるっるだと思います。
次点で、1巻に出てたらんら。
今回のるっるは、水着だったり裸だったり。
まぁいつも通りですね。
とりあえず可愛い。
他に言うことがない。


まぁそんな感じで終わっちゃいましたね。
可愛い女の子が多かったので、結構好きなマンガでした。
ただゲストキャラ扱いが多くて、1話限りの登場となったキャラが多かったのはちょっと残念でしたね。
らんらとかDr.ふーとか。
もったいない。
こんな感想しか書けません。

前田先生にはまた連載してほしいですね。
女の子が可愛いだけのマンガって好きなんです。


Dr.るっる
Dr.るっる 2


Dr.るっる 3 (ジャンプコミックス)Dr.るっる 3 (ジャンプコミックス)
(2010/11/04)
前田 理想

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-11-05_23:39|page top

チェルシー 2

まんがタイムきららキャラットに連載された「チェルシー」の第2巻を読みました。
お笑い女子高生4コマです。
この第2巻で完結。
表紙はなんだかおめかししちゃってるチェルシーの4人。
ユキが誰だお前な感じ。

やってることは1巻と同じく、学校ではしゃいでたり、コントしてみたり、たまに勉強してみたり。
きらら系ではよくある感じですよね。
作中ではほぼ男性が登場しないところとかも。
テンプレってやつですかね。
女子高生が集まって、お笑いやってるか、美術やってるか、音楽やってるか、みたいな。
4コマ作品である以上オチを付けることは必須なので、その中でお笑いを描くっていうのは案外難しいんだろうなぁと思います。
日常から全部コントみたいなものですからね。
まぁでもこういうのは女の子が可愛ければいいんですよね。
お笑いを通して女の子のキャッキャしてる感じを描いてるんだ、って風に私は理解してます。

そんな可愛い女の子の中で、個人的に一番好きなのは国府田幸。
黒髪ストレートロングで背の高い女の子です。
お笑いでの役割はボケ、普段のポジションは天然ボケ。
幸以外の人が話してる場面で、後ろで好き勝手動いてるところがもう可愛くて可愛くて。
(>▽<)←こんな顔してるとこも好き。

この作品にはお笑いカルテット『チェルシー』のほかにも、結構な数の登場人物がいました。
その中でも、お笑いとは関係ない、クラスメイト4人組が可愛くて良かったです。
お笑いしてる場面よりも、日常の学校生活シーンが好きだったからかもしれませんが。
今回は裏表紙にその4人組が。
チェルシー 2 裏表紙
表紙のチェルシーとの対比。
本編中ではずっと制服姿でしたが、裏表紙ではおしゃれな感じに。
うん、可愛い。

さて、本作はこれで完結しちゃいました。
2巻まで読んだ感想としては、日常シーンが面白いなぁってことが大きいですかね。
コントをしてる時よりも、普段の学生生活での掛け合いが好きでした。
あと、キャラが可愛い。
女の子が可愛いってことは、日常系のマンガには必須なポイントだと思います。
その点、この作品はとっても良かったです。

そんな感じで、シバユウスケ先生の次回作に期待。
先生のマンガは、この『チェルシー』とアニメ『GA 芸術科アートデザインクラス』の制作現場レポートしか読んだことがないんですよね。
またきららで描いてもらえると嬉しいです。

チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス)チェルシー (2) (まんがタイムKRコミックス)
(2010/09/27)
シバ ユウスケ

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-09-27_23:00|page top

ディーふらぐ! 3

ゲーム製作部(仮)マンガ『ディーふらぐ!』の第3巻読みました。
今回の表紙はなんと船堀さん。
1巻が芦花、2巻が高尾部長ときてここでまさかの船堀さん。
2巻では写真に写った姿が1コマだけの出演でしたが、3巻では急に出番が増えてます。
こんなに健気で女の子らしい女の子はこれまでいませんでしたので、需要はあるでしょうけど。
というか私は大好きです、船堀さん。

そんな船堀さんの今回一番可愛かったシーン。
船堀さん
可愛い。
船堀さんマジ天使。
お嫁さんにほしいです。
とんでもないニューカマーですね。
ゲーム製作部(仮)の女性陣はみんな性格がぶっとんでますから、船堀さんは素晴らしい清涼剤です。

とは言いつつも、一番はやはり本物のゲーム製作部の高尾部長ですね。
乳属性は伊達じゃないです。
性格もツンデレのテンプレみたいで、いかにもなキャラですが、だがそこがいい。
そんな高尾部長のおっぱい。
高尾部長
爆発してます。
戦力が圧倒的すぎる。

ストーリーは、まぁいいか。
可もなく不可もなくなギャグマンガですが、だからこそ可愛い女の子がいることが大事な点だと私は思います。
次回以降また新キャラが出るフラグが立ってるので、そこにも期待。
乳で高尾部長に対抗できるキャラははたして現れるのか!?
まぁ別に出なくてもいいけど。
期待大。

ディーふらぐ!? (MFコミックス アライブシリーズ)ディーふらぐ!? (MFコミックス アライブシリーズ)
(2010/07/23)
春野友矢

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-08-18_23:03|page top

Dr.るっる 2

ジャンプスクエアに連載中の『Dr.るっる』第2巻です。
1巻に続き相変わらずのエロラブコメでした。
絵もすごくきれいでとにかく女の子が可愛いです。
新たなヒロインも登場して、いかにもなラブコメになってきました。

表紙はその新ヒロイン、綺堂葵。
黒髪ロングの幼馴染さんです。
一途にヒトハルを想い続けてるかわいい女の子でした。
まぁ個人的にはるっるの方が好きですが。
img001.jpg
なんだこの可愛さ。

ストーリーはまぁ紹介するほどのものでもないですね。
ヒトハルの悪魔風邪設定があんまり活きてないなぁとは思いましたけど、クオリティには特に変化はなかった気がします。
一応麻心製薬からの刺客は来てましたけど、ラブコメするために来てましたからね。
まぁ可愛いから良し。

るっると葵に加えて、今回の刺客さんとか1巻で出てたらんらとか、女の子は結構集まってきましたね。
どんどんとラブコメらしくなってきました。
らんらとかにまだ活躍の機会があるのかは分かんないですけど。
個人的にはらんらが好きなんでまた出してほしいなぁ。
一番は当然るっるですが。
相変わらず言葉の言い間違いが多くて、そこが可愛い。
いや、そこも可愛い。

『To loveる』は強敵ですが、こっちもいいと思うんですよね。
むしろ私はこっちが好きです。
連載が長く続いてくれるといいなぁ。

Dr.るっる 1

Dr.るっる 2 (ジャンプコミックス)Dr.るっる 2 (ジャンプコミックス)
(2010/08/04)
前田 理想

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-08-10_23:51|page top

黄昏乙女×アムネジア 3

月刊ガンガンJOKERで連載中の『黄昏乙女×アムネジア』第3巻です。
ドラマCDも発売中ですね、私はすっかり忘れちゃってましたけど。
今巻もちょっと怖くて、それ以上に色っぽくて良い感じでした。
夕子さんには「可愛い」とか「エロい」よりも、「色っぽい」が似合うと思う。
確か年齢的には中学生でしたよね。
この最早中学生のレベルを超越した色気は『はやて×ブレード』のおかみさんを彷彿とさせますね。
髪型も黒髪ロングだし。

第3巻の表紙も夕子さんが描かれています。
前巻、前々巻とは違って夏服セーラーで。
なんか違和感があるなぁと思ったら、背景が赤系の色じゃないからですかね。
3冊並べてみると際立ちます。
裏表紙の背景は相変わらず真っ赤ですけど。

3巻の内容は、前半が“六年桜”っていう伝説にまつわる話。
後半は怪異調査部の夏休みを利用した合宿での話でした。
前半はちょいちょいホラーな感じ(後半もだけど、というかいつもだけど)。
桜にまつわる伝説ってロマンス的なものとオカルト的なものがありますよね。
今回はオカルト的な伝説でしたが、創作物では桜関係ってよく見かけますね。
日本中どこにでもありそうだから使いやすいんでしょうか。
そんな桜と女の子2人の謎を追ってました。
この作品に登場する胸の大きな女の子たちは異様に色っぽい気がします。
服の皺とか胸の動き方が、特徴的というかなんというか。
まぁ端的に言うと、とてもよろしい感じです。
黄昏乙女×アムネジア 3 おっぱい
ないすおっぱい。

後半の見どころはやっぱりプールでの水着でしょうか。
夕子さんのお胸は販促的、じゃなくて反則的すぎる。
黄昏乙女×アムネジア 3 夕子・水着
ないすおっぱい②。
ここの紹介だけ見るとただのおっぱいマンガみたい。
確かにおっぱいは素晴らしいですけど、夕子さんは太ももとかも素晴らしいんです。
2巻でちらっと出てた怪しい影も出てきました。
夕子さんの秘密も少しずつ明らかになってきてます。
まぁそんなことより夕子さんの色っぽさの方が重要事項ですけどね。

そんな感じで『黄昏乙女×アムネジア』第3巻でした。
とにかく夕子さんが色っぽい。
そしてないすおっぱい。
物語の怖さと夕子さんの色っぽさで、2倍ドキドキできる感じです。
一石二鳥(ちょっと違うか)。

黄昏乙女×アムネジア 3 (ガンガンコミックスJOKER)黄昏乙女×アムネジア 3 (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/07/22)
めいびい

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【た行】|2010-07-24_00:47|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。