文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

アニコイ 5

月刊少年エースに連載されている「アニコイ」のコミックス第5巻を読みました。
4巻の発売が12月だったので、今回はインターバルが結構短いですね。
表紙は世継先輩。
おだんごヘアー。
世継先輩だよね?


前回で進んだような進んでないような、でもちょっとずつは進んでるアニメ制作の続き。
テーマが告白に決まり、なんとなくここから前進していきそうに見えたアニメ部は、やっぱりアニメ部でした。
まっすぐ進むわけがないよね。
見てる人間からすれば、そちらの方が面白いけれども。
で、季節は夏ということで合宿へ。
まぁこの場合は、ちょっとどうなんだろ?っていう合宿ですけど。
合宿と言えば、肝試し。
4巻のエピソードに登場したおかっぱメガネの女の子が本格的に出てきました。
安食枝折(あんじきしおり)、通称アンリ。
いやぁ、この娘も可愛いですね。
デュラララの園原杏里に似てるよね。
あ、だからアンリちゃんか。
肝試しでも色々ありつつ、でもアニメ作りは進まず。

あとは、女性陣の浴衣姿があったり、水着姿があったり。
後半は俺妹パロでした。

アニメ制作の方は、ちよちゃんが案を出したおかげでちょっと進んだかな。


いやしかし女の子が可愛い。
今回も新キャラ、モブキャラと沢山可愛い女の子が出てきました。
ジョリーナはやっぱり美しいですね。
美しい、麗しい。
リゾート風の私服が良いですね。
顔は怒ってるけど、それがまた良い。
けど、ヤドカリも可愛い。
甲乙つけがたい。

世継先輩は忍野忍コスが可愛い。
ちっちゃい女の子には似合うね、このコス。
アニコイ 5 世継

ちよちゃんは、なんだろ。
とりあえず綺羅星★Tシャツが羨ましいな。
欲しい。


なんか感想がいつもより適当。
まぁいいか。
とりあえず女の子が可愛いことだけでも伝わればそれで。


アニコイ (5) (角川コミックス・エース 86-20)アニコイ (5) (角川コミックス・エース 86-20)
(2011/02/26)
ゴツボ×リュウジ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(1)|trackback(0)|コミック【あ行】|2011-02-24_22:13|page top

ヴォイニッチホテル 1

ヤングチャピオン烈に連載中の「ヴォイニッチホテル」の第1巻を読みました。
この雑誌に連載されたコミックを買ったのは多分初めてです。
チャンピオン系列の作品自体あんまり買わないので。
ということで完全にジャケ買いな感じですね。
アマゾンリンクの画像だと分かりにくいですけど、表紙カバーがラメ加工されてキラキラ光ってます。

著者は道満晴明。
主に成人向けで活躍してる方なのかな。
『水爆戦~』って作品は、いくつか書店で見かけたことがあります。
結局買ってはいないんですけどね。


内容紹介。

太平洋の南西に浮かぶ小国・ブレフスキュ島。
この小さな島のホテルが舞台。
陽光降り注ぐ、のんびりしたムードの中、エキセントリックな宿泊客達が織りなす悲喜交々人間ドラマ。


オビには「SF・オカルト・ラブコメなどの要素を織り交ぜた」って書いてあります。
まぁその通りかな。
ホテルのルームメイドさんとか、殺し屋とか、漫画家とか、地元の子供とかが出てきます。
日本の資本が結構入ってる島みたいで、日本人がちょいちょいいます。
色んなところから色んな境遇の人が集まってきてる感じ。
ホテルが舞台の創作物には、結構見かける環境ですね。
オムニバス形式っていうんでしょうか。
1話ずつそれぞれが独立してるわけじゃないけど、それぞれ直接に繋がってるってわけでもないのかな。
物語の構成としては、『日常』とかが近いかな。
『日常』もそこまでメジャーな作品でもないので、比較としてはちょっとお粗末ですけど。
全話通して明確な主人公が存在してるわけじゃないって言えばいいのかな。
うん、それだ。

絵は、全編通して表紙のままな出来でした。
表紙詐欺みたいな作品もけっこうありますからね。
特にシリーズ第1巻とか。
作画は確立されてるんでしょうね。
男も女も可愛い感じの絵です。

ギャグな要素は結構多めな気がします。
ギャグ作品ってわけではないんでしょうけど、合間合間にネタが入ってくるので全体としては明るい雰囲気です。
うん、ギャグってよりはネタですね。

エロ要素はあんまり、ってかほとんどないです。
あるにはあるけど、ギャグの一環として出てくるので、そんなにエロくは感じないですね。
しかも下ネタが出てくるって程度ですし。

キャラクターはかなり沢山出てきますけど、まともな人はあんまりいないですね。
そんな中で私が好きなのは、表紙にも出てるメイドさん2人です。
まぁどっちも「メイドさん」って感じのキャラではないんですけどね。
それ以外のキャラは、好きになるにはちょっと個性が強すぎて。
まぁそれが魅力なんでしょうけど。


思ったことダラダラ書いてたらちょっと長くなっちゃいました。
で、総評。
テンポも良くて、雰囲気も良い。
個人的にはかなり好きな作品でした。
少なくともここ2,3か月くらいに読んだ作品のなかではかなり上位です。
たまにこういうシリーズものの1巻に手を出して見るのも楽しいですよね。
ハズレな場合も結構多いですけど。
久しぶりの大当たりでした。
『煩悩寺』以来の個人的大ヒット作。
色んな人に読んでみてもらいたい作品です。

メイドのエレナが可愛いんだ。
表紙の向かって右側の女の子。
ヴォイニッチホテル 1 エレナ
ほら、可愛い。
まぁ可愛いのは見た目だけじゃないんだけどね。


ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/11/19)
道満 晴明

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-11-20_15:15|page top

狼と香辛料 Ⅴ

小梅けいと氏の描くコミック版「狼と香辛料」の第5巻を読みました。
表紙はホロ。
なんとも偉そうに見える構図ですね。
土下座した状態から、顔をあげて目の前のホロを見上げると、こんな感じに見えるんでしょうか。
健気な表情もいいですけど、やっぱりこういう勝気な顔がホロには良く似合います。

ストーリーは原作2巻の中盤。
商売の失敗から窮地に陥ったロレンスたちが、羊飼いの少女ノーラとレメリオ商会を巻き込んだ大博打、金の密輸を行っているところです。
異教の街ラムトラで無事に金を入手し、リュビンハイゲンへと戻る一行。
道中の暗い森の中で狼に囲まれ、ひときわ大きな狼の遠吠えが聞こえてきたところまで。
コミックス3巻分で、原作のストーリー1冊分の消化ペースですね。
ライトノベルのコミカライズって大概こんなペースですよね。

今巻の見どころは、ホロと喧嘩して仲直りするところでしょうか。
原作では、ホロが一緒にいるせいでお金貸してもらえなくて、ロレンスがホロの手を払っちゃっうってシーンは読んでてかなり辛かった覚えがあります。
その描写に比べると、コミック版はまだ穏やかなほうでしたね。
小説だとロレンスの苦しみがモノローグで直接伝わってくるので、多分その違いだとは思いますが。
その後のホロとロレンスの言い合いも同じかな。
言い合ってる時は、泣いてるホロが可愛くてそれどころじゃなかったってのもあるかも。
ひとしきり泣いて言い合った後のホロの笑顔はまた格別です。
コミック版の良さは、ホロの可愛さを常にビジュアル的に楽しめるところであると思います。
狼と香辛料Ⅴ ホロ
うん、可愛いねやっぱり。

そして、もう一人のヒロイン・ノーラ。
いつ見ても幸薄そうですね。
キャラデザが素晴らしいということでしょう。
そんなノーラは何してても、どんな顔してても可愛く見えるのが不思議です。
ロレンスから仕事の依頼の話を聞いて、喜んだり驚いたり悩んだり。
特に報酬額を聞いて、そのあまりに大きな金額に思考が追い付いていない時の表情がお気に入り。
今まで思ってた以上に、表情がクルクルと変わる女の子でした。
まぁ表情のバリエーションで言えば、圧倒的にホロのほうが多いでしょうけど。
そして金の密輸のための旅へ。
道中で狼に出くわした時、エネクを操って一行を守る真剣なノーラの格好良さったらないです。
どちらかと言えば、穏やかな顔をしてる時のほうが個人的には好きですけど。
ホロと二人で話してる時の笑顔を見てると、守ってあげたいなぁって思っちゃいますよね。
そこが、ホロとの大きな違い。

次巻は、リュビンハイゲン編の終わりですね。
ノーラも見納めになっちゃいます。
まぁこの先はノーラよりもホロの活躍がメインになったはずですけど。
次も可愛いノーラに期待。
重荷から解放された後のノーラの笑顔は、きっと輝いているはず。


最後に。
巻末のオマケ漫画「けもおん!!!」。
タイトルからも分かりますけど、「けいおん!」のオマージュです。
ホロ、ノーラ、ディアナ、エーブ、エルサの5人娘がバンドやってます。
狼と香辛料は、キャラが少ないうえに、女性が多いわけでもないですから、たぶんこんなメンツなんだと思います。
ホロとエルサの格好がなんかエロい。
ディアナさんは一人だけなんか人妻っぽい。
ノーラは相変わらず幸薄い。
ノーラやディアナは原作でもひとつのエピソードにしか登場していなかったので、こうやってオマケでも出てきてくれると嬉しいですよね。
特にディアナ。
個人的にはかなり好きなキャラなんです。
狼と香辛料Ⅴ ディアナ
美人さんすぎる。
結婚してくれ。
せめて、出番をくれ。


狼と香辛料 5 (電撃コミックス)狼と香辛料 5 (電撃コミックス)
(2010/10/27)
小梅 けいと支倉 凍砂

商品詳細を見る


comments(1)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-10-30_17:49|page top

兎の角 1

隔月刊誌のFellows!に連載されている「兎の角」の第1巻を読みました。
世の中にはいろんなマンガ雑誌があるものですね。
著者は本作が初の長篇連載となる睦月のぞみさん。
第1巻には1~6話が収録されているので、きっかり1年分ということになるんでしょうか。
単行本を待つのであれば、続きを読むのはだいぶ先のことになりそうです。

ストーリーはオカルト退治モノ。
プロポーション抜群の金髪お嬢様・天沢イズミ。
彼女の通う女子高に転入してきた小柄な美少女・真白アヤ。
この2人が学園で起こっているオカルト騒ぎを解決する物語です。

天沢イズミについて。
イズミは彼女が通う女子高の理事長の娘さん、正真正銘のお嬢様です。
背が高くて、胸が大きくて金髪の美人さん。
かといって、よくあるお嬢様像のように高飛車だったり傲慢だったりするわけでもなく。
お友達になりたい感じのお嬢様ですね。
理事長である父親の命で、オカルト退治に来たアヤのサポートをすることに。
とは言ってもイズミには何の能力もないので、もっぱらツッコミ役とセクハラを受ける役ですね。
セクハラを受けるのは、大きなおっぱいを持ってしまった者の宿命ですね。
二次元に限り、ですけど。

真白アヤについて。
理事長の依頼を受けてオカルト退治にやってきた専門家らしい。
身長が低くて胸もない美少女。
常に巨大な鈴を背負って活動してます。
そして幽霊が現れたらこの鈴で「ガツっ」と。
怪しい相手にもこの鈴で「ガツっ」と。
いいね。

1巻は学園の騒ぎを収めつつの、キャラの説明・物語の導入って感じでした。
いや、ボリュームは十分あるんですけど、ストーリー的にはここで一旦区切られた感じですね。
先が気になって仕方ない、っていう終わり方ではないです。

イズミが可愛くて可愛い作品でした。
おっぱいが大きいからってだけじゃないよ、まぁそれもあるのは否定しないけど。
言動はあまりお嬢様っぽくないけど、たまに見える育ちの良さが魅力ですね。
箱入りな感じ。
まぁそのスタイルもかなり魅力的ですけど。
サイズの小さいアヤのジャージを借りたイズミさん。
兎の角 1 イズミ
エロい体してますね。
次巻もイズミのエロボディに期待。

兎の角 1巻 (ビームコミックス)兎の角 1巻 (ビームコミックス)
(2010/09/15)
睦月 のぞみ

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-09-16_17:58|page top

異国少女とすみれの花束 1

まんがタイムきららフォワードに連載されている「異国少女とすみれの花束」の第1巻を読みました。
著者はこの作品が初連載、初コミックスとなるみずせ希跡。

曾祖父の屋敷を訪れたマサキは突如として19世紀のイギリスへとワープしてしまう。
そこで自分を「留学生」と歓迎する英国富豪の娘・ローズと、自分と同じく留学生だという日本人のすみれという二人の少女と出会ったマサキは、何とかして元の世界へと戻ろうとするが――。
っていうストーリーです。

女の子の話。
まずマサキがワープしてきちゃった屋敷の娘、ローズ・リンフォード。
金髪碧眼の、いかにもヨーロッパの女性といった姿です。
時代的なことと、階級的なことに関係しているのでしょうが、基本的にはドレスを着ています。
見た目はお嬢様ですが、性格はかなりフランクで親しみやすい良い娘です。
当時の流行に乗って、日本の文化にかなり興味を持っています。
着物や扇子をコレクションしてたり。

そしてもう一人の日本人留学生、小鳥遊すみれ。
大人しくてで日本人形みたいな女の子です。
服装は袴。
頭には大きなリボン。
いいデザインですね。
個人的にはローズよりすみれが好きです。
普段はあまり喋らない大人しい娘なんですが、口を開くと結構いい性格してました。
あと甘いものが好きらしい。

マサキは庭師見習いの留学生であると勘違いされているようで、今後は庭を弄ったりもしながら女の子と交流していくって感じになるんでしょうかね。
ヒロイン2人の名前も花に関係してますし。
1巻のラストではちょっとした事件が起こったりもして、ただゆるゆるした作品というわけでもなさそうです。
まぁ1巻だけじゃ判断が難しいですね。

そういえばリンフォード家のメイドさんが可愛いんですよ。
メイドさんは何人かいるみたいなんですけど、中でもよく登場する方がいまして。
まぁ名前はないんですけど。
異国少女とすみれの花束 1 メイドさん
可憐だ。
このメイドさんとラブコメってくれてもいいんですけどね。
むしろメインヒロインでも。
まぁそこまではいかないでしょうけど、せめて名前くらい出てくるといいなぁ。

2巻では、可愛いメイドさんの活躍に期待。

異国少女とすみれの花束 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)異国少女とすみれの花束 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
(2010/09/11)
みずせ希跡

商品詳細を見る



comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-09-12_10:04|page top

アカメが斬る! 1

ガンガンJOKERに連載中の『アカメが斬る!』第1巻です。
連載開始が2010年4月。
作者は原作・タカヒロ、作画・田代哲也。
タカヒロはアダルトゲームブランドみなとそふとの代表さんですね。

ストーリーは、田舎の村を豊かにするために帝都に出た少年タツミが、紆余曲折あって殺し屋集団ナイトレイドの一員となって色々する話。
舞台は近代ヨーロッパに近いイメージなんですかね。
まぁ架空のものなんですけど。
鋼の錬金術師の世界観が何となく近いのかもしれないです。

殺し屋集団のナイトレイドは、帝都の腐敗した役人や金持ちを相手に殺しをしています。
これは結構ありがちな感じですかね。
まぁ目的よりも注目すべきはその陣容です。
今のところ出てきた人員はタツミを除いて7人。
そのうち5人が女性っていう羨ましい職場です。
無愛想な黒髪赤眼の少女とか、ツインテールで気が強い少女とか、おっぱいお姉さんとか。
タツミと女性陣との関係性はこれからどうなるんですかね。
とりあえず可愛い女の子が多いです。

表紙の黒髪の少女がアカメ。
タイトルにもなってますし、メインヒロイン的な立ち位置なんですかね。
1巻だけでは、まだちょっとわかりにくいですけど。
表紙のアカメは腋がいいですね。
胸も結構大きいですし。
そんなアカメさんは今回水着シーンもありました。
海にもプールにも行かずに水着を出すってのはなかなか考えてますね。
他にも皆さん毎日水浴びしてるらしいので、今後は水浴びシーンにも期待ですかね。

戦闘シーンでは血が出たり体が切断されたり。
他にも拷問された人間とか磔にされた人間とかが出てきます。
グロいって程ではないですけどね。
青年誌ならこんなもんですか。

面白いとは思うんですが、あんまり長く続く気がしないんですよね、個人的には。
とりあえずの目標が結構近くに感じるからでしょうか。
まぁなんにせよ次を待つしかないです。
正直1巻だけじゃ評価が難しい感じでした。


アカメが斬る! 1 (ガンガンコミックスJOKER)アカメが斬る! 1 (ガンガンコミックスJOKER)
(2010/08/21)
タカヒロ

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-08-28_07:13|page top

あまんちゅ! 3

天野こずえが描く高校生ダイビング部マンガ『あまんちゅ!』第3巻です。
表紙は火鳥先生。
背景が青い空、白い雲なところがいいですよね。
なんか夏っぽい。
ただおっぱいの形にちょっと違和感があるんですが、どうなんでしょう。
私にはおっぱいがないので検証できないのですけど。

今回はてこが特訓したり、子猫を拾ったり、初めて海に潜ったりするお話。
このゆったりとした空気感はやはり独特ですね。
ARIAが好きな人は、こっちも好きなんだろうなぁって感じがします。
なんでもない日常が輝いて見える、って要素はARIAの方が強かった気もしますが。
最初はぴかりがメインなのかなぁって思ってましたけど、今のところはてこの成長物語ですね。
ARIAの灯里的なポジションのぴかりも主人公ではありますけど。
海に潜ることによって、ほかの部員達に大分追いついた感じのてこがこれからどんなふうになっていくのか期待ですね。

あまんちゅ! 3
今回とっても可愛かった双子のお姉さん。
このマンガはこういう表情が大好きです。



あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)あまんちゅ!(3) (ブレイドコミックス)
(2010/08/10)
天野こずえ

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-08-11_14:16|page top

アニコイ 3

ゴツボ×リュウジ氏のアニコイ第3巻です。
表紙は片手で逆立ちしてるみたいなイノコちゃん。
このままとび蹴りかましそうな格好いい姿です。
あとよく見たら指2本しか使ってないです、すげえ。
スカートめくれちゃってますが、下にジャージ履いてるのでなんの問題もなし。
そしてわずかな隙間からお腹がチラ見え、本当にわずかだけど。

お話はジョリーナの家のハダカデバネズミ話の続きから。
なんだか興に乗っちゃってそのまま安土家にお泊まり(いつの間にかイノコちゃんも)。
そして女性陣はパジャマパーティー的なノリに。
ジョリーナがもう可愛くて可愛くて正直たまりません。
なんだかんだ文句をつけつつも楽しそうにしてる姿がすごくいい。
イノコちゃんや冬子さんの髪を下ろした姿も新鮮ですが、ジョリーナには敵わないです、私の好み的には。

そしてアニメ部の活動、アニメ作りへ。
散々寄り道しながらですけど、少しずつ前進はしてますね。
2巻でちょっとだけ出てた今宿雁奈、通称ヤドカリも参戦。
また可愛い娘が増えました。
そんなアニメ部でロケハンをしてみたり、ジョリーナにコスプレさせてみたり。
まぁいつもの感じですね。

全力で遠回りしてるのはいつものことですが、それでもちゃんと進んできましたね。
まぁでも個人的にはそれよりも女の子が可愛いってことが大事です。
ジョリーナもヤドカリもものすごい美人さんです。
さらにイノコちゃんや世継先輩まで加わるともう最強です。
特にジョリーナがもう可愛すぎて困ります、しつこいですね。

そんな感じで笑いはそのまま、美少女が一人増えてなんともお得なアニコイ第3巻でした。
ラスト付近で出た髪の毛真ん中分けジョリーナをもっと見たい。


アニコイ (3) (角川コミックス・エース 86-18)アニコイ (3) (角川コミックス・エース 86-18)
(2010/04/21)
ゴツボ×リュウジ

商品詳細を見る


ちょっとついでにドラマCD情報。
アニコイのドラマCDが8月くらいに発売するみたいです。
キャストは、姉川高時・福山潤、伊庭猪子・喜多村英梨、朝妻世継・水原薫、慈恩寺普門・杉田智和、安土アンジョリーナジョリー・井上麻里奈までが発表されています(敬称略)。
正直すごい楽しみです。
慈恩寺とジョリーナに期待。
てか慈恩寺って実際書いてみるとすごいかっこいい名前だな。
comments(0)|trackback(0)|コミック【あ行】|2010-04-24_22:45|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。