文学部生の読書日記

読んだ漫画・小説を紹介したりします。

プロフィール

八号

Author:八号
漫画も小説もみんな好きです。

女の子が可愛いかどうか、
ってのがマンガ・ラノベでは一番大事。

twitter

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

amazon お気に入り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

φは壊れたね

森博嗣氏の小説『φは壊れたね』を読みました。
タイトルにギリシャ文字が入る、Gシリーズの1作目です。
カバー裏の内容紹介を読んだ感じでは、S&Mシリーズの主人公であった西之園萌絵が主人公っぽいですね。
まぁ実際に読んでみると、そうでもありませんでしたが。

時系列的にはS&Mシリーズの後の話みたいです。
国枝桃子がC大学に勤めていて、N大の大学院生である西之園萌絵がそこで手伝いをしている。
事件が起こるのはC大の大学生たちの周囲であり、その解決を目指すのもC大の大学生たち。
西之園萌絵も謎を解き明かしたいと思ってはいるんでしょうけど、前ほど積極的ではありませんね。
まぁ散々危ない目にも遭ってますし。
大学生たちのお姉さん役みたいになってます。
あと、警察とのパイプ役。

犀川創平は、電話口でチラッとだけ出てました。
まだ1作目なのでなんとも言えませんが、今シリーズで彼はこういう出演の仕方になるんでしょうかね。
まぁ本格的に活躍しちゃったらシリーズ変えた意味がなくなっちゃいますし。
それはそれでいいのかもしれないです。

内容紹介。

その死体は、Yの字に吊られていた。
背中に作りものの翼をつけて。
部屋は密室状態。
さらに死体発見の一部始終が、ビデオで録画されていた。
タイトルは「φは壊れたね」。
これは挑戦なのか?
N大のスーパー大学院生、西之園萌絵が、山吹ら学生たちと、事件解明に挑む。

という感じです。
やっぱり西之園萌絵が主人公っぽい書き方ですよね。
まぁこの先どうなっていくのかは分かりませんけど。
あと、こうした方がS&Mシリーズの読者も引っ張りやすいですしね。

シリーズを通して登場しそうな人物は、西之園萌絵、国枝桃子を除くと、大学生3人。
加部谷恵美(かべやめぐみ)、海月及介(くらげきゅうすけ)、山吹早月(やまぶきさつき)。
警察の面々は、S&Mシリーズでお馴染みの鵜飼や近藤。
まぁ近場でしょうし当たり前ですかね。

S&Mシリーズ内で、事件解明において西之園萌絵が担っていたポジションを、加部谷と山吹が二人でこなしているような気がします。
あくまで「事件解決における」役割ですけど。
最終的に謎を解き明かすのが海月でした。
積極的に事件に関わっていくわけではないというのが、S&Mシリーズの犀川を彷彿とさせるところです。

そして、またもや密室ですね。
森博嗣作品には圧倒的に多いですよね、密室モノ。
好きなんでしょうか。
あるいは、なにか特別な思いがあるのか。


今回読んでて思ったのが、西之園萌絵が成長したなぁってことですね。
S&Mシリーズの中でも成長していましたけど、今回はかなり大人な落ち着いた雰囲気になっています。
まぁ、加部谷・山吹視点で物語を追うことになるから尚更なんでしょうけど。
こういう事件に興味を持つのは変わってませんが、事件を追う後輩を心配する姿は前シリーズとの大きな変化だと思います。
事件を追って危険に陥った経験は何度もありますからね。
その経験論で注意してるんでしょう。
大人になったなぁ。


このシリーズがどんな方向へ進むのかはまだ分かりませんが、他シリーズとさらにリンクすることを期待してもいいんでしょうかね。
折角登場人物、舞台が共通してるんですし。
どんどん先を読んでいこうと思います。


文庫版の解説は西尾維新が担当してました。
相当好きみたいです、森博嗣作品。
まぁ影響受けてるんだろうなぁっていうのは分からなくもないですが。
西尾維新の文章って勢いがありますよね。
どばーっと押し寄せてくるというか。
まるで津波みたいだ。
と、この解説文を読みながら思いました。

φは壊れたね (講談社文庫)φは壊れたね (講談社文庫)
(2007/11/15)
森 博嗣

商品詳細を見る
スポンサーサイト
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2011-03-02_18:40|page top

僕は友達が少ない 5

平坂読氏のライトノベル「僕は友達が少ない」の第5巻を読みました。
オビには、「隣人部、ジャンプに参戦!!」との告知が。
ジャンプSQ.19において、また新しいバージョンのコミックが始まってるみたいです。
星奈が目立ってるアナザーストーリーらしい。
出版社跨いじゃうほどに勢いのある作品ってことなんでしょうね。

5巻の表紙は理科と幸村の下級生コンビ。
幸村はいつも通りのメイド服姿。
理科は服装こそはいつもと同じ制服に白衣ですが、眼鏡を外してる上に髪型まで変わってますね。
4巻で眼鏡無しで髪を下ろした姿を、小鷹に褒められたからでしょうね。
まぁ褒められたのは外見だけですけど。
あとオビに隠れたところに、一応小鷹がいますね。
不憫だな、小鷹。
まぁラブコメラノベの表紙に男は不要ですよね。
幸村は、まぁ別ジャンルだから。

今回は隣人部で遊園地に行ったり、乙女ゲーをプレイしたりしてます。
遊園地編が結構長くて、全体の半分弱くらいありました。
やってることだけ見れば完全にリア充なんですけど、実態はやはり残念な集団ですね。
みんなで遊園地に行く、ってことが出来て、何故こうなるのか。
理科もマリアも小鳩も残念ですけど、夜空と星奈の残念さに比べたらまだかわいいものですね。
遊園地での二人の姿を見ると、そう思わざるを得ない。

4巻の引きは衝撃の展開でしたけど、その後の展開は、まぁこんなもんかなぁって感じ。
作品自体がコメディ重視の続き物ですからね。
登場人物たちの関係性を急激に変えちゃうような話はなかなか使いどころが難しい気がします。
ラブ要素がメインになっちゃうと、作品の方向性が変わっちゃいますからね。

とか言いつつ、今回は登場人物の関係性が結構大胆に変わる出来事も起きましたけどね。
関係性は変わったけど、感覚的にはどうなんでしょうね。
結局いつも通りの残念ライフに見えましたけど。

今回は理科が可愛かったです。
小鷹は理科に対してかなりおざなりな対応してますけど、それでもアピールしてくる理科がもう可愛くて可愛くて。
まぁ変態なのは変わってないですけどね。
今までも可愛い部分と残念な部分が並在してましたが、今回で可愛い部分が勝ってきた気がします。
あくまで、個人的な感想ですけど。

そんな感じで「はがない」5巻の感想でした。
今回も気になる引きで終わってますが、まぁいつも通りな展開になるんだろうなぁ。
そういえば前巻から引きずった問題は、全然解決してないですね。
このまま放っておくわけにもいかないでしょうし。
次回、急展開の予感?
そんなことないか。



11月27日発売のコミックアライブには、はがない5巻の掛け替えカバーが付いてくるみたいです。
マリアと小鳩が、ちょっとえっちな格好をしているらしい。
これは買わざるを得ないか。

P.S.
コミックアライブの公式ブログで、付録のカバー絵が一部公開されました。

こんなの。

さすがブリキ先生。
いい仕事してますね。


僕は友達が少ない (5) (MF文庫J)  (MF文庫 J ひ 2-23)僕は友達が少ない (5) (MF文庫J) (MF文庫 J ひ 2-23)
(2010/11/20)
平坂読

商品詳細を見る


月刊 comic alive (コミックアライブ) 2011年 01月号 [雑誌]月刊 comic alive (コミックアライブ) 2011年 01月号 [雑誌]
(2010/11/27)
不明

商品詳細を見る



comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-11-23_13:01|page top

変態王子と笑わない猫。

さがら総氏のライトノベル『変態王子と笑わない猫。』を読みました。
MF文庫Jの第6回新人賞の〈最優秀賞〉受賞作品です。
オビが金色で眩しいです。
イラスト担当はカントク。
ラノベでは私は初めて見かけましたが、描かれるイラストは以前から拝見してました。
私がこういう萌え界隈に興味を持って、初めて名前を覚えたイラストレーターさんだった気がします。
チェック模様が好きな方のようで、その趣味は本作にも存分に発揮されてました。

建前を失った男と、本音を失った女の子が、それを取り戻すために色々するお話。
ストーリーは、まぁそれなりな感じでした。
あんまり語ることもないかなぁ。
全体的に雰囲気の柔らかい感じがしましたね。

そんなことより、とにかくヒロインが可愛いんですよ。
イラスト効果もあるかもしれないですけど、すごく可愛い。
メインヒロインは、表紙にも描かれている女の子、筒隠月子。
本音を失い、常に真顔で淡々と話す女の子です。
ちっちゃくて無表情な女の子って可愛いですよね、二次元だからこそでしょうね。
まぁ表情には出ないだけで、内心では驚いたり恥ずかしがったりしてるらしいですけど。
この子は可愛いんですけど、なんで主人公に惚れちゃうのか全然分かんないんですよね。
惚れてるのはラノベ的展開で確実なんですけど、それがいつからなのかが全く分からない。
どこでフラグ立てたのやら。
まぁ可愛いから良いけど、って言えるくらい可愛いです。

そしてヒロインがもう一人。
こちらはツンデレのお嬢様キャラ、小豆梓。
月子とは反対に、表情がコロコロ変わる女の子です。
ヒロインっぽさでは梓のほうが勝ってた気がします。
梓に対しては、ちゃんと惚れられる要素があるんですよね。
親身になって動いた結果デレる。
気の強いツンデレキャラとしては王道のパターンです。
この子も可愛いんですよ。
やっぱりイラストの力なんだろうか。

なんか全然感想めいたことが書けていませんが、今回はまぁこんなところですね。
とにかくヒロインが可愛かった。
それに尽きると言っても過言ではないです。
イラストの力は絶大ですけど、決してそれだけじゃないんです。
読めばわかる、うん。


この作品は結構な人気みたいですね。
しばらく書店の店頭から消えてましたし。
私が購入したのも第2版です。
やはりそれだけ惹かれるものがあるということでしょうね。
続きは、どうなるんでしょう。
話としては完結していないですけど、これで終わっても綺麗だと思うんですよ。
残る課題はそんなに多くないので、続編は中身がどんどん薄っぺらくなりそうな気がします。
そこをどうにか面白くするのが作家の腕なんでしょうけど。
ヒロインは可愛いので、また見れたらいいなとは思いますけど。
テーマをほっぽり出して普通にラブコメされても興醒めですよね。
とりあえず次回作に期待してみましょう。


変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)変態王子と笑わない猫。 (MF文庫J)
(2010/10/21)
さがら総

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-11-13_06:14|page top

百花繚乱

すずきあきら氏のライトノベル「百花繚乱」を読みました。
シリーズの第1巻ですね。
現在放送中のTVアニメ「百花繚乱 サムライガールズ」が結構好きな感じだったので、原作も買ってみた次第です。
イラストはNiθ(にし~)氏。

ジャンルとしては、学園バトルラブコメらしいです。
私が読んだイメージでは、学園おっぱいアクションって感じでした。
まぁ大体同じですね。

柳生十兵衛をはじめ、真田幸村、後藤又兵衛など剣豪の名を冠した美少女がバトルしながらラブコメする物語です。
私は武将や剣豪に関して寡聞もいいところですので、本当に有名どころの名前しか分かりませんが。
自身の中に確固とした剣豪像を持っている人には、ちょっと受け付けられないのかもしれませんね。
「恋姫†無双」みたいに。

この第1巻で登場したヒロインは6人。
アニメの2話までで登場した5人+フランスの金髪美人。
ヒロインたちの個性がかなり豊かです。
妹属性だったり、つるぺたツンデレロリだったり、匂いフェチふんどし娘だったり。
まぁラブコメって大抵の作品がそうですけどね。
個人的なお気に入りは、つるぺたロリの真田幸村でしょうか。
アニメでは不動のツンデレ女王釘宮ボイス。
他のヒロインはみんなおっぱいばいんばいんの中で、今のところ貧乳キャラは幸村だけです。
まぁおっぱいなんて飾りですよ。
偉い人には(ry。

ストーリーも割と好きなほうです。
最初から目指すところがはっきりしてるってのはいいことですよね。
アクションも結構しっかりしてる気がしますし。
まぁ何より女の子が可愛いです。
ラブコメって結局大事なのは女の子の可愛さだと思うんですよね。
その点、この作品は十分に及第点かと思います。
サービスシーンも多いですし。
ちょっと多すぎる気がしなくもないですが。
とりあえず続きも読んでみようと思います。
ヒロインもまだ増えるみたいですし。


アニメのストーリーとは、全く同じというわけではなさそうです。
大筋としては同じなのかもしれませんが。
十兵衛の落ちてきたところとか、千姫の初登場シーンとか、細かい違いがこれからどのように物語に関わってくるのか気になるところです。



百花繚乱 (HJ文庫)百花繚乱 (HJ文庫)
(2009/02/28)
すずき あきら

商品詳細を見る


comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-10-17_15:08|page top

爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!!

日日日氏のライトノベル「爆熱天使Xサン」の第2作目、『爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!!』を読みました。
1作目『爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!』の発売が今年の5月でしたので、続編が出るのはちょっと早めですね。
いやしかし、日日日氏は働きすぎじゃないですかね。
私が把握してるだけでも、8月発売の作品が4作もあるんですが。
まぁ筆が速いのは読者にとっては嬉しいことですけどね。

今回表紙を飾るのは聖希(ひじき)。
転真した〈正義の魔法少女〉の姿です。
おでこの製造NO.がチャームポイントってやつですね。
イラストレーターのTNSK氏は相変わらずいい仕事してますね。

今回はサブタイトルにもあるように、「正義の味方大戦」でした。
1巻で活躍したXサンや聖希、絶子さんはもちろん、新しく登場する正義の味方たちも含めてのバトルロイヤル。
全員が特殊な能力を活用しながら戦う様はまさに大戦と呼ぶにふさわしいものでした。
このシリーズはやりたいことが分かりやすくていいですね。
派手な技が飛び交う戦場の様子がすごく良かったです。
ぜひ映像化したいですね。

新しく登場した正義の味方たちはかなりバラエティに富んだ面々でした。
〈正義の独裁者〉とか〈正義のプリンセス〉とか〈正義の執事〉とか、果ては〈正義の半魚人〉まで。
中でも私が気に入ったのは〈正義のバネ足ジャック〉トラン・ポリン男爵と、〈正義の剣豪〉轟鬼殲竜丸影国。
そして今回の敵は〈正義の始皇帝〉オーディンΩ。
「正義」って言葉がゲシュタルト崩壊します。

そして可愛い女の子の話。
聖希は今回もかわいいです。
健気で内気な後輩タイプだけど、時には大胆に迫っちゃう聖希。
萌えキャラとしてはちょいちょい見かけるタイプですが、可愛いので問題なしです。
残念ながら今回も触手に狙われちゃってますけど。
Xサンはもちろん今回も大活躍。
やはり戦闘力では正義の味方の中でも群を抜いてるみたいです。
お約束の〈聖氣(せいぎ)〉補給シーンもありました。
やっぱり背中にキスっていいですね。
聖希のおでこもいい感じですが、やはり個人的には背中かなぁ。
そして今回の主要キャラ〈正義の独裁者〉ゴーマンナ=ドラキュラ。
幼女ですよ幼女。
しかも偉そうな幼女です。
テンプレですけど、いいものはやっぱりいいですね。

ラストではシリーズを通しての敵になりそうなキャラも登場。
続きが楽しみですね。
過労で倒れない程度に、次作も早めに出してくれると嬉しいです。


爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!


爆熱天使Xサン  第二次正義の味方大戦!! (角川スニーカー文庫)爆熱天使Xサン 第二次正義の味方大戦!! (角川スニーカー文庫)
(2010/08/31)
日日日

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-09-01_10:16|page top

バカとテストと召喚獣 8

井上堅二氏のライトノベル『バカとテストと召喚獣』の第8巻を読みました。
今回の表紙は島田姉妹。
葉月の服装がかわいいですね。
しかし、この美波には胸がある……、偽物ですか?
凹凸のないなだらかなフォルムが美波の良さですよね。

今回の話はみんなで集まって闇鍋の会の後、とある事情で瑞希が吉井家で暮らすことになったところから。
ひとつ屋根の下ってやつですが、吉井家には玲さんがいますからね。
滅多な事は起こらないでしょう。
そして瑞希との同棲がクラスの連中にバレて、とばっちりの雄二と一緒につけ狙われることに。
そんな中、Fクラスは試召戦争に巻き込まれて……。
って感じでした。

一緒に暮らすってこともあって、今回は瑞希の出番が多かったです。
ヒロイン度合いでは美波に押されてましたが、メインヒロインの面目躍如ってところでしょうか。
結構大胆に迫ってきちゃったりしてます。
まぁいつも空回りしてたってだけで、積極的なところは以前からありましたもんね。
そして、瑞希と明久の同棲を知って修羅と化す美波。
まぁこちらも肉体言語という点ではいつもどおりですかね。
瑞希ばっかりが目立っていたこともあり、今回の美波はただ怒ってたってイメージしかないです。

今回は秀吉に活躍も少なかったですね。
過去この作品でここまで秀吉の影が薄い巻は無かったんじゃないでしょうか、ってくらい目立ててないです。
話の流れ的には仕方ないところもありましたが。
なんかとばっちりを受けないように影をひそめるのが得意なイメージ。

アニメの2期に先駆けてOVAの製作も決定したようです。
おめでたいです。
アニメを見てから原作を読むと、頭の中でキャラクターの声が再生されて楽しいですよね。
バカテスのようなハイテンションギャグ作品なら尚更です。
明久の叫び声とかね。

バカテスは、原作から入った人は結構秀吉好きが多い気がします。
アニメから入るとそうでもないみたいですが。
メディアの違いってやつですか。

バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)バカとテストと召喚獣8 (ファミ通文庫)
(2010/08/30)
井上 堅二

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-08-30_03:25|page top

這いよれ!ニャル子さん 5

話題のラヴ(クラフト)コメディ『這いよれ!ニャル子さん』の第5巻です。
ドラマCDだったりテレビアニメだったり、結構な人気があるみたいです。

5巻の表紙はセクシー路線のニャル子(お馴染みの変身ポーズ)+シャンタッ君。
帯に隠されている太ももがいい感じです。
絶対領域ってやつです。
シャンタッ君がリアルな感じで表紙に登場したのは初めてですね。
まぁ、可愛くはない。

今回の物語は、ニャル子が図書館に本を返却し忘れて……、からのスーパー邪神大戦。
これまでどおりです。
今回も適当としか思えない設定やらなんやらが飛び出しましたが、まぁそれもいつもどおりですか。
いつかまたその設定が使われることを願っておきましょうか。

今回目立ってたのが、ハスター。
弱気な子が本気出したら強かった、っていうアレでした。
目立ったといっても、「ラスト付近でのみ」ですけど。

個人的にはハスターの話はどうでもよくって。
クー子がもう可愛くて可愛くて。
相変わらずニャル子ばっかり見てますけど、真尋にも懐いてる感じが良いです。
ニャル子絡みじゃないときの言動もツボすぎる。
真尋になでなでを要求するクー子可愛いっす。
クー子かわいいよクー子。

表紙ってずっとニャル子がメインで、他キャラは出てもSDキャラなんですよね。
クー子が表紙になったりとかってないんでしょうか。
まぁ今のところニャル子以外はヒロインって感じじゃありませんし無理ですかね。
ラブコメじゃないんだから。
ニャル子もかわいいから好きですけどね。


這いよれ!ニャル子さん 5 (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん 5 (GA文庫)
(2010/08/15)
逢空 万太

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-08-12_20:31|page top

爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!!

『狂乱家族日記』、『アンダカの怪造学』などでおなじみ日日日先生の新シリーズ。
『爆熱天使Xサン』の第1巻です。
まぁ私が読んだことのある日日日作品は『ささみさん@がんばらない』だけでしたが。
イラストはTNSKさん。
pixivなどではちょいちょい拝見していましたが、商業作品でお目にかかるのはこれが初めてです。
表紙からいい仕事しちゃってくれていますね。
きわどい服装の、顔は幼いが胸が大きな女の子が目印です。
この子がヒロインのXサンです。
帯で隠れていたおみ足は、左右別々のニーソックスに包まれています。
イラストでたまに見かけますが、私はこれが大好きです。

ここらで内容紹介を例のごとく裏表紙より拝借。

「とくと見よ。ここから先が非日常じゃ!」
傍若無人な美少女、Xサンの宣言と共に、九条花丸の〝日常〟は壊滅する。
突如、二人を狙って襲来する巨大なロボット。
それは謎の組織が作りだした〈正義の味方〉と呼ばれる超兵器。
そして、花丸を守ろうとするXサンもまた、〈正義の味方〉だったので。
花丸をめぐって戦いをくり広げる超兵器群。
はたして彼らの狙いとは!?
多彩な〈正義の味方〉によるバトルラブコメ・ロイヤル、開戦!!

とのことです。
何も考えないで気楽に読めるラノベでした。
えらく強い〈正義の味方〉の女の子たちが、全力全開な感じで闘ってます。

本書を一目見て気になったのは、
「さあ、むちゅっとくれるがよい。熱烈なきっすをな!」
という帯の文字でした。
こんなの見たら買っちゃいますよね。
結局その行為は〈正義の味方〉にエネルギーを注入するための行為であり、しかもXサンの背中にキスというものでした。
他にもおでこだったり、足の裏だったりなんともフェチ心をくすぐられる部位にキスしてます。
まぁそのシーンが特別フェティッシュに描かれているわけではありませんでしたが。

まぁまとめると、女の子たちがバトルして立ってことに尽きますね。
必殺技を叫んでる姿は、なぜだかわくわくさせられますね。
私も男の子ということでしょうか。
バトルラブコメの中の、バトル分が多かったように感じました。
物語が慌ただしく進んだため、ほぼ全編がバトルになってる感じです。
その最中や、あるいは隙間にラブコメ分もありますが、ラブコメを期待する人にはちょっと物足りないのかなぁと思います。
シリーズ物の初刊ですし、説明も大いに必要な世界観だったので仕方ないですかね。
次巻はもっとラブコメってくれることを期待しています。
今年中に続刊の予定があるみたいなので、楽しみに待ちましょう。

爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!! (角川スニーカー文庫)爆熱天使Xサン 見さらせ正義の一番星!! (角川スニーカー文庫)
(2010/05/01)
日日日

商品詳細を見る
comments(0)|trackback(0)|小説・ライトノベル【は行】|2010-05-09_12:03|page top

広告

バナー

住吉千里 応援バナー 200x200px spr001bn031 すーぱーそに子 OFFICIAL WEB SITE 俺の妹がこんなに可愛いわけがない ガンカケADV『アザナエル』公式サイト 森下未散 応援バナー 200x200px spr001bn033 すーぱーそに子初主演ゲーム『ソニコミ』を応援しています どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo! 『 桜花センゴク! 』応援中! 僕は友達が少ない 
特設サイト 『先輩も後輩も幼なじみもツンデレで眠れないCD』 応援バナーキャンペーン

電撃文庫もくろっく

THE 世界遺産

検索フォーム

FC2ブログランキング

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。